やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻。物語はいよいよ佳境へ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻。物語はいよいよ佳境へ。

スポンサーリンク

71+8JdMwRtL

スポンサーリンク

俺ガイル11巻を読みました。
アニメの方を先に見ていたのである程度あらすじは分かっていましたが、いくつかカットされた部分がありました。
この辺は尺の都合上仕方がない部分だと思いますが。

さて今までは「問題が起きた→奉仕部として解決」…というひとつの流れで、その中で主人公である八幡とWヒロインである雪ノ下 雪乃と由比ヶ浜 結衣が少しずつ近くなっていく、というストーリーを汲んできましたが、ここへきて大きな変化が起こりました。
アニメと同じように由比ヶ浜 結衣が3人の関係性について言及したわけです。
いよいよ終盤に向けて動き出したと言った感じでしょうか。

八幡の言う本物って何?

今の関係が“本物なのか”と雪ノ下 陽乃につきつけられ、自問自答する八幡。
自分の意思で動けない雪乃。
そこで強い意志を持って動いたのが由比ヶ浜だったというわけです。

八幡の言う本物って何なんでしょうか。
作中では本人も分かってないとの事でしたが。

スポンサーリンク

何でも言い合える、許しあえる仲間という事ではないかと思ってました。
そう考えると友達として考えると、この3人は十分出来てると思うんです。

ただ八幡はともかく雪ノ下 雪乃と由比ヶ浜 結衣は明確に八幡に異性として恋愛感情を抱いているようです。
この感情を隠してなあなあで付き合っていく事が、“本物”なのか?って事だと考えてます。

葉山の友人関係についての話では同じように恋愛が絡んでましたが、結局葉山や海老名はなあなあの関係を選択しました。
これについて作中でそれなりに批判していた(八幡が)だけに、どのように解決していくのか。
この作品はラブコメではありますが、メインキャラの恋愛感情が一部明確になっていないので、その辺も気になる所です。

現時点での恋愛模様

まずは分かりやすい所から。

三浦 優美子

葉山が好き。

戸部 翔

海老名 姫菜が好き。

川崎 沙希

名言はされていませんが、八幡が好きで間違いないでしょう。

由比ヶ浜 結衣

八幡が好き。

ここからは不確定

一色 いろは

葉山が好き。
だけど八幡も異性として気になりだしている、といったとこでしょうか。
ただ一歩引いたような描写があるので、今後は恋愛関連ではメインに出てこないかも。

雪ノ下 雪乃

恐らく八幡が好きなんでしょうけど、見方によっては自分の道しるべとして依存しているようにも見えます。
またチョコの話をあのタイミングで陽乃がした事から小学生時代は葉山が好きだったという事でしょうね。

葉山 隼人

雪乃か陽乃のどちらかを好きだったんでしょうけど、恐らく陽乃だったんじゃないかと思います。
ただ雪乃が好きだったけど、小学校時代は恥ずかしくてそれが原因で…の線もありえるからなんとも言えませんが。
でも今の葉山の動きを考えると、陽乃が好きだったので断ってそれが原因でぎくしゃくしてた、というのがしっくり来るかも。

比企谷 八幡

あれだけ色々裏で考えてるんだから、難聴主人公や鈍感主人公では無いはず。
原因はあったにせよ、雪ノ下と由比ヶ浜の好意には間違いなく気づいていると思います。

問題は彼が恋愛感情を持っているかどうかですが、個人的には雪ノ下が好きなんじゃないかと。
それが見え隠れしたから、由比ヶ浜は悲しそうな目をしてたり、動いたんじゃないですかね。
そうすると、自分の事を意地悪な女の子って表現したのも納得できます。

12巻の予想

確か作者がこの辺で終わらせる予定、みたいな話をあとがきか何かで書いてたと思いますが、どっちにしろ最終盤と言えますね。
ここまで来てどっちつかずは多分ないと思うので、自分の予想で話すとやはり雪乃とくっつくルートが本命なんでしょうか。
ただ、それだとありきたり過ぎるんですよね…。
良い意味で期待を裏切ってくれると嬉しいかも知れない。

後葉山が好きだったのはどっちかは結構気になってますね。
またネットでは散々な言われようをしているみたいですが、陽乃って凄い好きなキャラなんですよ。
確かに恋愛相手として考えるととてもじゃないけど怖いし、そもそも肉親にいても恐ろしい事この上ないとも思うので、そういう意味じゃ私もネットの意見と変わらないんですけどね。
それでも何か好きなキャラなんで、ストーリーのジョーカー的な存在で終わらせずに深いところまで描写してくれると良いなと思ってます。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク