人とモンスターとの共存が本当に可能なのか?「ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか9巻」

人とモンスターとの共存が本当に可能なのか?「ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか9巻」

スポンサーリンク
人とモンスターとの共存が本当に可能なのか?「ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか9巻」

人とモンスターとの共存が本当に可能なのか?「ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか9巻」

ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)9巻のレビューです。
ネタバレ情報が含まれますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか9巻

あらすじ

「モンスター……ヴィーヴル?」

新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。
人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。

「竜女か──久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。
一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。

人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル……大好き」

これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
(アマゾンより)

スポンサーリンク

感想

このダンまち、9巻では今までとは大きく異なるアクロバティック的な展開になります。

今までは主人公のベルくんが、ヒロインたちと仲良くなりながらダンジョンで冒険して
のし上がる、強くなるといった点に重点が置かれていましたが、この9巻では「人とモンスターとの共存が本当に可能なのか」というまるで漫画幻想大陸のような深いテーマが混じってきています。

今までダンまちでは、ダンジョンに出てくるモンスターは文字通りのモンスターで、ただ殺すべき対象に過ぎなかったのですが、この9巻では、意思疎通できるモンスター群が出てきます。
彼らは特別な突然変異のモンスターで、普通のモンスターとは違うのですが、モンスターがしゃべる、意思疎通してくるということでベルくんやその仲間は動揺します。

それはそうでしょう。
モンスターと意思疎通が出来るとなると、モンスターと人間の境界線上があいまいになってきます。
そこがあいまいになると、じゃあモンスターを殺すイコール人間を殺すということになるのか、そう考えてもおかしくありません。
実際ベルくんもそこに気が付き、ぞっとします。

そんなベルくんに、レア種のリザードマンは

あいつら(普通のモンスターは)俺らにも襲ってくるし、殺したとしてもそんなに気にするな

と助言するのですが、ベルくんの迷いはあまり晴れません。

この作品では、今までモンスターイコール意志のない凶獣に過ぎませんでした。
しかしその例外が現れたことで、人と(意思疎通できる)モンスターとの共存という難しい問題が立ちはだかってきます。

そこをテーマにしたダンまちの新機軸、それがこのダンまち9巻なのです。

一言コメント

この記事はご投稿いただいた記事を元に作成しています。
実はダンまち9巻は以前に僕(フォルソク)もこのブログで1記事書きました。

今回初めて自分が既に書いているタイトルと巻数が被った投稿をいただいたわけですが、やっぱり話すモンスターというのが一番衝撃でしたよね。
主人公のベルはかなり平和主義な主人公ですし、今後の葛藤やその後の展開に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク