「最弱無敗の神装機竜」フィルフィのネタバレ話。「フィルフィ・アイングラム」

「最弱無敗の神装機竜」フィルフィのネタバレ話。「フィルフィ・アイングラム」

スポンサーリンク
「最弱無敗の神装機竜」フィルフィのネタバレ話。「フィルフィ・アイングラム」

「最弱無敗の神装機竜」フィルフィのネタバレ話。「フィルフィ・アイングラム」

スポンサーリンク

「最弱無敗の神装機竜」、フィルフィのネタバレ話です。
フィルフィは、「最弱無敗の神装機竜」に登場する人物たちの中で、いわゆる幼馴染キャラとして登場します。
幼馴染ですので当然、主人公ルクスの少年時代を知っています(黒の英雄関連は知らない)し、登場時からお互いある程度気心が知れた関係となっています。
この画像のカットは原作初登場時(1巻)のものですが、登場時から既にルクスに対してはかなり好意的なヒロインですね。

いつものようにネタバレ全開ですので、ネタバレが苦手な方はご注意下さい。

「最弱無敗の神装機竜」フィルフィのネタバレ紹介

幼馴染キャラ

アイングラム財閥の次女でルクスとは幼馴染。神装機竜〈テュポーン〉の使い手
普段はぼーっとしており、天然で掴み所のない性格をしている。また、感情表現が苦手で口数が少ないが頑固なところがある。気に入った相手には愛称で呼び合うことを求め、ルクスをルーちゃんと呼び、自分のことはフィーちゃんと呼ばせている。ルクスが王立士官学園に編入したことで七年ぶりに再会するが、当初ルクスがさん付けで呼んだときはあからさまに機嫌を悪くし「フィーちゃんでしょ」とクラスメイトたちの前で言い直させた。後述の理由により武術を習っており見かけによらず腕が立つ。寮ではルームメイトがいないため部屋がないルクスを住まわせており、同じベッドで寝たり、一緒にお風呂に入ったりと時折大胆なことをする。
5年前、クーデターと同じ時期に人体実験の被験者として帝国に連れ去られ、ヘイズの手によって終焉神獣ユグドラシルの種子「宿り木(ラタトスク)」を植え付けられており、肉体の半分が幻神獣と同化している。一度は実験の後遺症により死亡するが、宿り木と適合したことにより蘇生を果たした。また、その副作用で身体が丈夫になり、大人でも比較にならないほどの力を持つようになっており、力の制御の仕方を学ぶために武術を習っていた。終焉神獣ポセイドン襲撃の折にヘイズに被験体であったことに気付かれ利用される。宿り木の本体であるユグドラシルからの命令を拒否し続けていたため衰弱していったが、ルクスがユグドラシルを倒したことでその支配から解放される。その後は仲間たちの枷にならないためにルクスやアイリの手を借りて訓練を行い、角笛への耐性を身に付けると共に僅かな時間ながら幻神獣化が可能になっている。
(ウィキペディアより)

天然系幼馴染で検索すると「異能バトルは日常系の中で」の鳩子がヒットしましたが、鳩子とはあまり似ていません。
確かに天然系の幼馴染キャラではあるんですが、語彙の少ない無口キャラも兼ねているので、最近あったアニメだと、学戦都市アスタリスクの「紗夜」に近い感じですね。(ウィキペディアには書いていませんが、スタイルは非常に良いという設定なので、そこだけちょっと違いますが。)
幼馴染キャラと言うよりは、無口系のキャラが幼馴染だった…という方が個人的にはしっくりきます。

また他のヒロインと同様「神装機竜」の使い手です。

スポンサーリンク

フィルフィの神装機竜〈テュポーン〉

thupo-n

クルルシファーの神装機竜〈ファフニール〉の神装が「未来予知」だったので、他の機体の弱体化という特殊能力は若干インパクトが薄れる感もありますが、他の機竜の神装を無効化するという強力な能力があります。
どの神装機竜もそれぞれどう考えても負けるはずがないだろうと思えるようなチート極まりない能力ばかりなのですが、やはり強敵相手に無双するシーンはあまりありません。
ただアニメのOPで「夜架」、「ヘイズ」が登場していたので、原作5巻まではやるのかなと思うのですが、5巻は区切りも良いしどのキャラクターも大活躍するので、そこまで描かれたらアニメでも活躍するシーンは出てくると思います。

フィルフィと幻神獣の話

リーシャと同じようにフィルフィは一度帝国に誘拐されています。
そこでヘイズの手によって終焉神獣ユグドラシルの種子「宿り木(ラタトスク)」を植え付けられており、肉体の半分が幻神獣と同化しています。
「最弱無敗の神装機竜」には人間以外に幻神獣という人間自体の敵にあたる怪物が登場するのですが、前述の通りフィルフィは人為的に幻神獣となっています。
という事は、元々いる幻神獣は誰かが人為的に造った物ではないのか…?という疑問が出てきますが、現状そういった話は出てきていません。
古代遺跡、古代国家が作品に登場し、恐らく主人公ルクスやアイリ、そしてクルルシファーはかなり密接に関係していると思われるので、幻神獣の正体も今後気になる伏線と言えると思います。

ちなみに幻神獣は特殊な角笛を吹くことで現れるのですが、フィルフィを半幻神獣化させたヘイズはその角笛を持っています。
この角笛で利用され、ルクスと戦わされたのが4巻の話となります。

5巻の髪型ならもっと好きだったかも

実は「最弱無敗の神装機竜」のキャラの中ではフィルフィはそこまで印象になかったキャラなんですよ。
まぁ身も蓋もない話で、フィルフィが好きって人には申し訳ないんですが、単純にビジュアルですね。

フィルフィ

フィルフィ

まあ他のキャラの方が可愛いかなって思ってました。
可愛いか可愛くないかで言われれば可愛いんですけど…、そもそも2次元キャラでビジュアルが可愛くないキャラを探す方が難しいですしね。
性格も非常に良く描かれていますが、この作品はヒロインがみんな強烈なバックボーンの割にはみんな素直だし…。

…が、5巻ではなんとヘアスタイルを変えて登場します。

5巻で髪型を変えて登場するフィルフィ

5巻で髪型を変えて登場するフィルフィ

正面からじゃないのが残念ですが、服装も含めて普段がこのビジュアルなら多分自分の中ランキングはもっと上だった気がします(笑)
後まぁありがちと言えばありがちなんですが、ここで何気に周りを見ている事も分かります。

まとめ

最後ちょっと脱線しましたが、アニメでは期待しているシーンの一つですね。

ちなみにフィルフィが活躍するのは4巻と5巻です(シナリオでよく絡むのは4巻)。
途中だけ読む…と言う人はまずいないと思いますが、途中の方は期待して下さい。

最弱無敗の神装機竜(4) [ 明月千里 ]

最弱無敗の神装機竜(4) [ 明月千里 ]
価格:669円(税込、送料込)

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク