はたらく魔王さま!14巻│千穂と恵美はどうやって仲良くなったの?日本に来た恵美ってどうやって生活してたの?物語の間を補完する短編集。

はたらく魔王さま!14巻│千穂と恵美はどうやって仲良くなったの?日本に来た恵美ってどうやって生活してたの?物語の間を補完する短編集。

スポンサーリンク

71Ghasn0A+L

スポンサーリンク

一週間前に「はたらく魔王さま!」14巻を読みました。
13巻の引きが、とても気になる所で終わっていただけに、続きが非常に気になるわけですが、今回は番外編的な短編集となっています。
>>はたらく魔王さま!13巻│ちーちゃん回。悪魔ってもしかして・・・?

魔奥(と芦屋)と恵美が日本で再び出会ってからの物語は原作の流れそのものなのですが、
魔奥たちはともかく、恵美は魔奥と会うまでどうやって生活してきたのか、というのはずっと描かれていませんでした。
あのマンションの家賃が異様に安い事も含めて。
っていうか「安くなった原因お前だったんかいww」って。

はたらく魔王さま14巻 感想

魔奥に記憶を消そうか?と言われて激怒したちーちゃんが恵美と仲良くなった話

はたらく魔王さま!14巻

はたらく魔王さま!14巻

そういえば原作では、割といつの間にかちーちゃんと恵美は仲良くなってるんですよね。
アニメだともっと顕著だったかも。
気になる程ではありませんでしたが、その辺りを補完した話です。

魔王を一番よく考えてる人間を探していた、そしたら彼女が」みたいな事を言って、
思いっきり自分の気持ちをバラしてくれたアルバートに対して、
少しですが怒りの混じった感情を抱いていたのはちょっと意外でしたね。

スポンサーリンク

え?遊佐さんって私と一歳しか違わないんですか!?

真面目にエンテイスラの話を始めて恵美に、まず驚いたのがここってのが笑えた。
確かに17歳かと言われれば…ですよね。

魔王、節約生活を振り返る

圧力鍋を福引で当てたことを夢のようだと喜ぶ芦屋が笑えます。

20150919132301

はたらく魔王さま!14巻 圧力鍋に喜ぶ芦屋と引いてる鈴乃

そして、

ぱぱ、るしゅふぇるはおてつだいしないよ?
!?

が全てを持っていった。

短編集ならでは、って感じで肩肘張らずに見れる話でした。

魔奥と恵美が携帯電話を買いに行く話

こちらは大分最新刊に近くなっている時期ですが、エンテイスラに恵美を助けに行った時に魔奥の携帯電話はボロボロになってしまいました。
それを恵美に弁償させた(言葉で書くとこうだけど、魔王ほんと良い人エピソードだったりします)んですけど、
その買いに行った時の話ですね。

しかしアラス・ラムスと一緒に行ったらどう見ても若い夫婦にしか見えないw
ちーちゃんが嫉妬するのも分かります。

でも実は目立ってたのは、アシエス・アーラ
アラス・ラムスの妹ですね。
彼女たちセフィラ・イェソドの化身は、個体によって成長スピードが違うそうで、
赤ん坊のアラス・ラムスに対し、妹であるアシエス・アーラは中学生くらいの女の子として描かれています。

20150919133127

はたらく魔王さま!14巻。アシエス・アーラ

性格は落ち着きが無いの一言で、騒々しいタイプ。
デリカシーなどあったもんじゃないのですが、実は意外と気に入っているキャラだったりします。
可愛いし

アシエスがどこか遠慮していると感じている恵美は、良い機会だしという事でアシエスと話します。
実はずっとノルドの娘として暮らしていたアシエスは恵美に負い目を感じていたんですね。
恵美がノルドの本当の娘で、ずっと探していたのも知っていたから。

恵美も意識はしていないまでも複雑な気持ちはあった事を自覚します。
だからノルドの娘なら自分の妹みたいなものだから、一緒に住まない?と提案します。

結局アシエスは魔奥と融合しているので、魔奥と離れる事が出来ず、距離的な問題で断念する事になるのですが、
もしアシエスを妹としたら家族関係がとんでもない事になってしまいますね(笑)

恵美の娘のアラス・ラムスを姉に持つアシエスは恵美の妹で、
恵美とアシエスはノルドの娘だが、アシエスの姉は恵美と魔奥の娘であり、
それでいてアラス・ラムスとアシエスの本当に『母』はノルドの妻であるライラなのだ。
(はたらくく魔王さま!14巻97P)

もう何を言っているのか分からない状態ですw

こちらは一転してちょっと真面目なストーリーでしたね。

魔王は一体どんな恥ずかしい事をしたんだ?

見つけた瞬間に、固まって指摘すら出来ずに呆然とした鈴乃。
マグロナルドで、気づいたもののいう事が出来ずにひそかに相談する木崎店長とちーちゃん。
あまりに情けなくて、笑うどころか憐憫に思ってしまうと言う恵美。

一体魔奥は何をやった!?

って感じで、先を気にさせるような展開です。

最終的に空気の読めない漆原に指摘され、絶叫する魔奥。
確かにこれは小さな事ではあるけど、恥ずかし過ぎて消滅したくなりますねw

その後は脅威的な生活スキルを披露する芦屋が持っていきました。
笑いありで、いつもの雰囲気が良く出てるストーリーだと思います。

珍しい木崎店長がメインの話

魔王の上司である木崎店長は多分ほとんどの巻で登場してるし、そこそこ出番もあるんですが、
あまりストーリーに絡む事はしてきませんでした。
強いて言えば、魔奥たちに夢を語る辺りでしょうか。

この話では、木崎店長の幼稚園時代からの幼馴染である、「田中姫子」が登場。
マグロナルドのライバルであるセンタッキーのエリアマネージャー。

そういえば、サリエルが店長になった時「木崎さんやけにセンタッキーの人事に詳しいけどなんで?」
みたいな話がありましたが、こういうわけだったんですね。

2人のもう一人の幼馴染である水島由姫が、間を取り持つ感じで3人グループになっていたと…。

にしても、

20150919140233

はたらく魔王さま!14巻。木崎店長

木崎店長がこのビジュアルです。(この巻はずっと怒ってるけど基本的には冷静な美人な感じ)

20150919140612

アニメ、はたらく魔王さま10話「水島由姫」

で水島由姫ってこの人だよね?

田中姫子が2位、木崎店長が3位でこれもライバル関係を助長させたそうだけど、
是非田中姫子のビジュアルが見たかった。(ちなみに1位は水島店長との事)

最後に木崎店長の本音も聞けたし、それが今後メインストーリーに絡んでくるのかは分からないですが、面白かったです。

恵美が日本に来てから…の話

この話が一番長かったのですが、吹きました(笑)
幽霊だと思っている相手に必死で覚えた言葉を使ってコンタクトを取ろうとする恵美。

マチナサイ、オトナシクシロ」警察に追われていた時
イラッシャイ、イラッシャイ」店先で聞いた言葉
コッチニオイデ、コッチニオイデ」母親が子供に向かって

1番上の台詞はともかく、普段なら何も感じない言葉ですが、幽霊がいるかも?
と思っている時にこれらの言葉が聞こえてきたら多分僕も気絶しますね。

聖法気が無かったと気づく所、エミリアがどうして遊佐恵美と名乗っていたのか、魔奥たちをどうやって探したのか?
結構大きな話もありましたが、この幽霊騒ぎの所が面白過ぎてこっちの方が印象強かったですw

ちなみにそのとある部屋が実は今恵美が住んでいるマンションの一室であり、
この幽霊騒ぎもあって家賃が以上に安かったのです(元々欠陥住宅騒動もあった)

まとめ

どうして今回は○.5巻のようなナンバリングにしなかったんでしょうかね?
そういうのが無いラノベもありますけどはたらく魔王さま!って出てますもんね。
2.8とか半端きわまり無い巻すらあったのに。
あとがきにもその辺は書いていませんでしたが…。

全部ストーリーに思いっきり関わるって事は無いんですが、
はたらく魔王さま!っぽいライトな雰囲気で、気軽に読めました。

まだ見ていない方は是非読んでみてください!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク