はたらく魔王さま!13巻│ちーちゃん回。悪魔ってもしかして・・・?

はたらく魔王さま!13巻│ちーちゃん回。悪魔ってもしかして・・・?

スポンサーリンク

91un6vV0IjL._SL1500_はたらく魔王さま13巻を読みました。
この作品はアニメ放映時に興味を持って一気に読み進めたライトノベルですね。

スポンサーリンク

余談ですが、発行元の電撃文庫のラノベが舞台の電撃FC(電撃文庫 FIGHTING CLIMAX)って格闘ゲームがありまして、PS3でプレイしています。
最近はやってませんが。
今年追加キャラを加えたIGNITIONがゲームセンターで稼動したのですが、その追加キャラの一人がこの作品のヒロイン、恵美なんですよね。
ゲーセンはあまり行かない上に田舎なので対戦も盛んじゃないようで、プレイするなら家庭用が発売されてからになりそうですが、
強いキャラのようなので恵美を使ってみようと思ったりしています。
アニメの売上を考えても魔王が出て、恵美が出てないって違和感あったんですよね。
追加キャラあるんじゃない?と思ってたら登場でかなり嬉しい事態でした!

とはいえ、ゲームの話はこの辺で原作の話をしたいと思います。

はたらく魔王さま!13巻のメインはちーちゃん

メインヒロインは誰だ!?ってなったらやっぱり恵美になりそうな気がしなくもないはたらく魔王さまですが、ちーちゃんって不思議な魅力ありますよね。
個人的には恵美の方が僕は好きなんですが、なんとなくちーちゃんの方が人気ありそうな気がします。

ちょっと調べてみたんですが、ニコ生の人気投票だと、

スポンサーリンク

魔王サタンこと真奥貞夫 20.8%
悪魔大元帥アルシエルこと芦屋四郎 22.7%
勇者エミリアこと遊佐恵美 9.3%
佐々木千穂 33.9%
ミキティー 13.3%

になるそうです。

予想通りとはいえ、恵美・・・人気ないんですねw
まぁ鈴乃もいないから、最初の頃のランキングっぽいですけど。
しかし↓(ミキティー)よりも人気無いとは・・・
maousama0425_7-0c680

アニメだと、恵美ってほとんど危ないストーカーですし。
魔王がびっくりするくらい良い人なだけに。
12巻はデレてなかなか可愛かったんですけどね。

13巻はこのデレた・・・も少し関係してくるんですけど、ここ数巻では魔王と恵美の関係がかなり変わりました。
父の仇、復讐が行動理念だった恵美ですが、
魔奥を父、恵美を母と呼ぶアラス・ラムス(説明が難しいのですが、2人の子供では無い)の存在が出てきて少しずつ関係が変わってきたところに、
実は恵美の父ノルドは生きてたり、魔奥が魔王になった原因が実は母のライラにあったり・・・。

まぁそういう感じで恵美と魔奥の関係が変わってきてる、所を見てちーちゃんがやきもちを焼いてしまうって話でした。

恵美を気にするあまりちーちゃんをあまり見ていなかった魔奥

魔奥はラノベ主人公では珍しい位良い人です。
困ってる人がいたらどんどん助けていきます。
それは本来敵である恵美も例外ではなく、最終的にはエンテ・イスラに戻ってまで恵美を助けに行きました。
本来そういう関係を望んでいたはずのちーちゃんですが、恵美が少しずつ態度を軟化させていくのを見たりして、
やきもちを焼いてしまったというわけですね。

鈴乃の前で泣いてしまったちーちゃん(やきもちと言うよりそんな気持ちを抱いてしまった自分にショックを受ける感じ)を見て、
鈴乃と芦屋が魔奥に激怒し、魔奥を叱りつける展開となりました。

そこで話に出たのが、魔奥はどうしてちーちゃんのアフターフォローをしないの?って事。
確かにちーちゃんが最初に魔奥の本当の姿を見た時、本人に記憶を消そうか聞いて激怒されるシーンがありましたが、
それが木崎さんなら何も聞かずに記憶を消していた気がします。
確認を取るという行為自体がちーちゃんじゃなければ、どうなんだろう?って。
他にも恵美に事件が起こった時は何かしらフォローをしていますが、ちーちゃんには基本しません。
もちろん命に関わる事なら飛んでいきますが、慰めるとかは言われて見ればほとんどしていないはず。

これらの点からどうしてちーちゃんを人間の中で特別扱いしているのか?って話になりました。
記憶を消すか聞いた時点では、ちーちゃんはまだ魔王に告白していません。
ですので、ちーちゃんの好意に気づいていたから、ってのと、魔奥自身がちーちゃんに特別な好意を持っている可能性が出てきます。
あまりにも分かりやすいので、好意に気づいていた、が本命のような気がしますがこの巻ではある重大な事実が告げられます。

先代魔王サタンは人間だった

恵美が天使と人間のハーフである以上、天使と人間は結婚し、子供を産む事が可能です。
また明言はされていませんが、天使は恐らく人間である事はほぼ確実です。

では、悪魔は…?となるのが自然で、原作でも鈴乃が気にしていましたが、
この巻の最後に先代魔王サタンは人間であった事がガブリエルから伝えられます。

これで悪魔も人間が何かしら変化した状態である事はほぼ間違いなさそうです。
となると、当然魔奥とちーちゃんが結ばれる事も不可能ではない事になります。
どうも魔奥は先代サタンの事も少なからず知っているようで、もしこの情報を知っているとしたら、ちーちゃんを特別な目で見ていても不思議ではありません。
少なくとも恵美よりは好意を持つでしょう。

その辺が次巻以降どのように語られていくのか楽しみです。

天使の親玉はルシフェルの母親

最後の最後に出た情報ですが、天使の親玉はルシフェルの母親らしいです。
ルシフェルは堕天していますが、それに関係してくるんでしょうか。

まとめ

セフィラの力を持った人間が、天使。
そこに反旗を翻した一派が、サタン一味。
そのサタン一味が悪魔になった…んじゃないかと思うんですが、どうなる事やら。
とりあえず悪魔があまりにも人間離れしているところは理由付けがあるんでしょうか。

だんだんと核心に触れる話も出てきて、今後の展開に期待です!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク