【庶民サンプル】公人が愛佳に絶対に言えなかった秘密って…?ドSメイド九条みゆきのドヤ顔ww俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件10巻感想。

【庶民サンプル】公人が愛佳に絶対に言えなかった秘密って…?ドSメイド九条みゆきのドヤ顔ww俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件10巻感想。

スポンサーリンク
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件10巻

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件10巻

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』10巻(ライトノベル/ラノベ)を読みました。

スポンサーリンク

先日愛佳のネタバレ話の記事を書いた時に触れましたが、公人は失っていた子供時代の記憶を取り戻しています。
そしてこの巻では「公人が愛佳に絶対に言えない秘密」が明らかになります。

感想から言うと、そういう事だったかーって感じでした(笑)
まだ六合清子との会話が繋がらないので全て判明したわけではないと思いますが、それで気まずかったんですね。

というわけで庶民サンプル10巻の感想に入ります。
ネタバレ入りますので、苦手な方はご注意下さい。

庶民サンプル10巻ネタバレレビュー

幼稚園のクラスに編入する主人公

序盤はいつも通りのノリですね。
9巻で、わけあって幼稚園のクラスに特別に編入する事になった公人。
高校生なのに幼稚園に編入する…他ではあまり聞かない話ですけど、この作品ならではって感じですね。

スポンサーリンク

庶民サンプル

庶民サンプル「幼稚園児のお嬢様たち」

なんとなく気になったのが、絆創膏を貼った女の子。
お嬢様に見えないw

長さ的にもあまり無く、特に目立ったエピソードはありません。

記憶を失った恵理が可愛い

場面は変わって9巻の最後で交通事故にあい記憶を失い、精神が小学4年生に戻ってしまった恵理が登場します。

庶民サンプル10巻
記憶を失って小学4年生状態に戻っている恵理

恵理は口も悪く正直あまり好きなキャラではありません。
好きなんだけど恥ずかしくてついあんな態度を取ってしまう、というのはありがちな設定なんで、それ自体については特に何も思わないんですが、恵理の場合はその態度と口調がちょっと強過ぎるかな、って感じなんですよね。
愛佳を助けるシーンとか根は良いというのは分かるんですけどね。

という印象だったのですが、10巻の恵理は可愛いです。
このおしとやかさならお嬢様たちとも十分張り合えることが出来るだろうに。
あまり好きじゃなくてもこう思っちゃうんだから、恵理のファンは期待して良いと思いますよ。

ここで重要なのは精神が子供に戻り素直になっている恵理と高校生である公人が接する事で、子供時代の恵理が自分の事を好きだった、と公人が自覚する事ですね。

何はともあれ恵理は人気声優なので、ニュースにも出てしまい、この状態が知られるのはあまり良くない、という事で、清華院女学校にしばらく移ることになります。

何故か小学生のコスプレをはじめる愛佳たち4人

公人は恵理の事情もあって、恵理につきっきりです。
素直になった恵理は、普通に可愛らしくどことなく良い雰囲気になってます。
ちなみに恵理は、引っ込み思案な小学4年生状態なので、公人以外のお嬢様は全て怖がっている状態です。

それを見たお嬢様4人は、「年長者はそれだけで子供に恐れを抱かせてしまう」(白亜の指摘)ので、「同じ目線に立つために小学生の格好をします」(麗子の提案)。
ここから先の展開は、笑えます。

みんなでアルバムを持ち寄り、長めながら懐かしむまでは良かったのですけど。
小学生のコスプレして初等部に突撃し、遊んでいる小学生に声をかけるとか普通に変質者ですね。
これ男なら事案発生ってレベルじゃないです

汚れているからとたて笛を奪い取る黒江さんってまさか…

丁度公人の誕生日が近いという事もあって、九条みゆき有栖川麗子六合清子など清華院女学校を代表する上級お嬢様?たちが集結して壮大な計画を立てている中、忘れ物を取りに来た公人は愛佳の専属メイド、黒江さんと会います。
最近良く登場しますよね、黒江さん。

ドSメイドの九条みゆきを筆頭に、クセのあるメイドさんが多い庶民サンプルの中だと一番メイドっぽいというとこの人なのかな。

庶民サンプル10巻

たて笛を慌てて奪い取る黒江さん

このシーンこの巻で2回目ですしね。
しかし、このエピソードで気になったのは、忘れ物のついでに「たて笛を一緒に持って帰ろうとしたら汚れているからと茹で上がった顔で慌てて奪った黒江さん」ですね。
たて笛と言うと1つ想像してしまう事があるわけですが…まさかね。

盛大な誕生パーティ

ついに開かれた公人の誕生パーティー。
お金持ち揃いの庶民サンプルらしいめちゃくちゃ感が出てましたねw

とりあえずドヤ顔のみゆきが可愛いです。
デレてからの九条みゆきは確かに人気出るのも頷けますね。

庶民サンプル10巻

盛大な誕生パーティーに引き気味の公人にドヤ顔する九条みゆき。

ついに明かされた愛佳に言えない公人の秘密

メインである4人のお嬢様たちからのプレゼントなどが終わった後、パーティーの途中で恵理が突然抜け出し、追いかけた公人と会話するシーンに入ります。
どうやらこのシーンは問題の小学4年生の時にもあったらしいです。

流れから告白をする(後述)恵理。
そこでついに公人の秘密が明かされます。

「他に好きな人、いるの?」
おずおず聞いてくる。
一瞬、頭に一人のことを浮かべたけど、
「…今はいない」
「前はいたの?」
鋭くニュアンスをついてきた。
「愛佳」
恵理が、目をいっぱいに見開く。
俺はかすかに苦笑いを浮かべて、
「小四の時さ、パーティー会場で見かけて、一目惚れしたんだ」
実は、そうなのだった。
「最近まで忘れてたけど、思い出したんだ」
そう。
俺が思い出した「けっして誰にも、特に愛佳には知られてはいけないこと」ってのは、そういうことだった。
(俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件10巻)

当時愛佳が公人に一目惚れしてた、って想像はあったんですが、公人の方がそうだったとは思わなかったですね。
顔を見れない、とかそういうのは愛佳がショックを受けるから、とかそういう意味だとばかり。
どっちかというと現時点で多分一番好きなのが愛佳かな、とか思ってました(笑)

庶民サンプル10巻の伏線

10巻ではメインが恵理がらみなので、恵理に関する伏線のみです。
特に恵理の記憶が戻ったタイミングは気になるところです。

11話「…分かってきたかも」という恵理の台詞

外に出たいという恵理の希望で外出した公人と恵理。
そこで小学4年生の時のバレンタインの話をします。

気になる会話がこちら。

いつから自分が公人をパシリのように使うようになったのかと聞かれて──。

「小四のバレンタインの、すぐあとだったかな」
「…!」
恵理の空気がこわばる。
「…ひょっとして、あたし、あげた?」
「いや、もらってないよ」
「そ、そっか」
「鈴原さんにはもらったけど」
「え!?」
鈴原さんというのは、当時のクラスメイトで、恵理の友達の一人でもあった。そのつながりで話すこともあったし、俺の誕生会にも来てくれた。けっこう活発で、女子の中でも一番かわいいグループにいた。
「もらったの?」
「ああ。夕方に家まで来てさ、くれたんだ。すげえびっくりしたなぁ」
半生唯一のモテエピソードかもしれない。
「…ふーん」
うわっ、声めっちゃ低い。
「…わかってきたかも…」
何が?と聞きたかったけど、聞ける空気じゃなかった。背中がチリチリして、うかつに何か言ったら刺さりそうだった。
「…付き合ったの?鈴原さんと」
「つ、付き合ってないよ。小四だし、付き合ってって言われたわけでもないし…そのままだよ」
そんなもんだろ?小四って。
「ああ、そういや俺の誕生会のときにさ、恵理も…」
「え?」
あ、それは知らない状態なんだな。声の響きでわかった。
(俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 10巻)

この時点では恐らく高校時の記憶が戻っていないので、わかってきたというのは小四の話。
さらに鈴原さんという女の子に関するのは間違いないでしょう。
プレゼントはもらっていないと公人は言っていますが、最後の台詞から恵理とも何かあったようですね。

公人が気づいた恵理告白時の矛盾点

「ずっと前から。ずっと前から言いたかった。あのバレンタインの日に言おうとした。けど、鈴原さんにチョコ渡されてて…どうしていいかわかんなくなって…」

こんな台詞で恵理は告白しています。
そのすぐ後に恵理の記憶が戻るのですが、実は公人の誕生日は10月6日。
前述のように記憶喪失時、恵理は誕生会の事を覚えていない状態でした。
だから翌年のバレンタインの事を知っているはずがない、と公人は後になって思います。

こうして考えるとこの告白の時点で恵理は記憶が戻っていたのかも知れません。

当時愛佳に一目惚れをした、でも今は意識はしているけど好きなのかはわからないと伝えた公人に対して、

恵理にも可能性、あるんだね」
口元にほんのり笑みが浮かんでいた。

と答えていますが、当時の恵理の一人称はわたし。
このシーンの他の台詞ではわたしになっているのに、ここでだけ恵理になっているのも思わせぶりです。

鈴原さんは今後出てくるの?

公人と恵理の過去にかなり関係してきそうな鈴原さんは今の所庶民サンプルには登場していません。
ただこれだけ密接に関わっているのであれば、今後キーパーソンとして登場してくるのではないかと思います。

まとめ

基本的に軽いノリだけど、それなりに聞きなる描写も散りばめられていて気軽に読める上に飽きさせない感じで良いですね。
しかし公人が当時愛佳に一目惚れしていた、というのは本当に予想外でした(笑)
ただ、思い返してみると恥ずかしいって態度かもね、って思いますw
多分予想できてた人いるんだろうなー。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
アニメも面白いですが、原作も下手したら漫画よりもさくさく読めるので興味がある方は是非原作を手にとって見てください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク