やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻の発売日は6月18日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻の発売日は6月18日

スポンサーリンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻の発売日は6月18日

アニメでも2期が放映中の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の発売日は6月18日です。
そういえばアニメは1期と2期でデザインが思いっきり変わりましたよね。

スポンサーリンク

1期のキャラデザイン

rabukome1ki
2期のキャラデザイン

rabukome2ki

2期の方がシャープになった感じでしょうか。
個人的には2期の方が好みです。

ネットの評判だと違和感があるって人が多いみたいですが…。
確かに八幡がイケメンすぎるのは気になりますけどねw

スポンサーリンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻のあらすじ

まちがい続け、いつまでも手の届かない答え

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントには三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、よ り大規模なものになっていく。穏やかで暖かな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞か せようとしても誤魔化せない気持ち。
本物から目をそらしてでも、この時間がずっと続けばいいのかもしれない–。
何も気づかないほうが良かったのかもしれない–。
提案される「彼女の相談、彼女の依頼」。
雪は静かに降り積もり、彼ら、彼女らの今という景色を変えていく。
(あらすじ)

最近目立ってる一色いろはって八幡の事どう思ってるの?

アニメだと丁度9巻の途中をやっているところですが、最近ストーリーに絡んでくる「一色いろは」が、また依頼を持ってくるようです。
原作を読んでいた時はあまり感じなかったんですが、なかなか良いキャラですよね。
あざとくて軽いようで、実は性格がとても良い娘…みたいな。

isikiiroha

アニメ8話の八幡にコンビニの袋を渡すシーン。
無言で気を利かせてくれた八幡にちょっと意外そうな顔した後このふっとした笑顔。

小町って妹がいるから八幡は年下の女の子の扱いが上手い(お兄ちゃんスキル)的な事らしいですが、それは置いておいてとても可愛い。

一色いろはは葉山の事が好きといっていますが、最近は八幡にもちょっかいを出しています(10巻、10.5巻)。
今の所八幡を異性として気にしてるのか、それとも「雪ノ下雪乃」や「由比ヶ浜 結衣」との3角関係にあるように見える八幡をお世話になった恩返しとしてサポートしようとしてくれてるのか、いまいち分からない描写が続いています。
ただネットでも言われていますが、台詞が少しずつ変わってるんですよね。

8 巻p310「は?な、なんですか口説いてるんですか、ごめんなさい無理です。好きな人がいるので」
8 巻p345「なんですかそれ口説いてるんですかごめんなさい狙いすぎだし気持ち悪くて無理です」
9 巻p 69「はっ!もしかして、今の行動って口説こうとしてましたかごめんなさいちょっと一瞬ときめきかけましたが冷静になるとやっぱり無理です」
9 巻p203「……もしかして今、わたしのこと口説いてますかごめんなさい年上結構好きですけど無理です」
9 巻p362「なんですか傷心につけ込んで口説いてるんですかごめんなさいまだちょっと無理です」
10.5巻p110「はっ!なんですかもしかして今わたしのこと口説いてましたか一回遊びに行ったくらいでもう彼氏面とかずうずうしいにもほどがあるのでもう何回か重ねてからにしてもらっていいですかごめんなさい」

最後とかもう何回か重ねたら彼氏面して良いって話になりますよね。
次は…みたいな台詞も言ってたし。
少なくとも印象はどんどん良くなってるのは間違いない。

10.5巻ではやっぱり好きなんじゃないの?って流れだったのですが、最終的に一歩引いた所を見せましたからね。
出番が減ると思っていた矢先に11巻でも登場がありそうなので、嬉しいですね。

あらすじ予想

雪が…って話なので、 「雪ノ下雪乃」がメインになってくるんでしょうか。
幼馴染である葉山との関係が10巻で若干回復の兆しを見せていましたが、小学校の頃の事件がそろそろ登場するのかも知れませんね。

なんとなくですが、雪乃は昔から容姿でいじめられる事が多かったので、それを助けようとした葉山がやり方を失敗して、問題が大きくなっちゃったとかそういう話かなと思ってます。

相談した彼女と依頼した彼女はそれぞれ誰なんだろう。
あの書き方だと別っぽいですよね。

この作品は、唐突に三浦や海老名が相談者になったりするから…全く予想がつかない。

まとめ

このライトノベルがすごい!2014、2015で作品部門で連続1位に輝いた「はまち」ですが、独特の魅力がありますね。
シリアス部分が他のラノベと比べると多めだし、なんか考えさせられる部分も多いです。

多分アニメは9巻の今やってる合同クリスマスイベントで終わりなのかな、尺的に。
後半名場面もありますしね。
『本物がほしい』のシーンは読んでて、ぐっとしました。

興味がある方は是非小説の方も手にとって見てください!
ここまで読んでいただきありがとうございました!


Amazon.co.jp ウィジェット

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク