スマホとグーグルカレンダーを連動させて、シフト勤務の目覚まし設定を登録する。

スマホとグーグルカレンダーを連動させて、シフト勤務の目覚まし設定を登録する。

mezamasi実は僕の勤め先はシフト勤務なんですよね。
と言ってもまだ転職後1年も経っていない状態なので、長年シフト勤務をしてきたわけではありません。
一応ようやくシフト勤務に慣れてきたかな~という状態です。
また夜勤なら夜勤だけ、とかでしたらまだ良いのですが、どこも同じだと思いますが交代制なので朝出勤したり、夕方から出勤があったりとバラバラ。
覚悟はしていましたが、生活リズムに関してはもうめちゃくちゃにならざるをえません。

スポンサーリンク

そんな僕がシフト勤務について一番困ったのが、スマホでの目覚まし時計の設定でした。
今までの職場だと休みは曜日で決まっており、また勤務時間も一定でした。
だから出勤のある曜日だけ目覚まし設定をすれば良かったんですよね。

ところが今の職場は休みも不定期、時間もその日によるという感じでスマホの目覚まし設定が非常に大変だったんです。
そんな僕が今まで行っていた方法は、勤務先の先輩に聞いたこちら。

シフトに合わせてそれぞれ設定しておき、前日に翌日分を設定

当初僕もこれしかないと思っていたのですが、
スマホの目覚まし時計は複数設定が出来、それぞれON/OFFが可能。

ですのでシフトに合わせて前日に設定すれば、対応が可能。

前日に忘れそうで怖い

ただしこれは当然ですが、シフトの前日に必ず設定を行う必要があります。
万が一忘れてしまったら当然目覚まし時計もならないので遅刻は必須。

スポンサーリンク

毎日の設定は非常にめんどくさい

そもそも毎日設定するのは結構めんどくさい。
そりゃあ1分もかかりませんが、上の忘れそうって事もあってどうしても不安が残る方法でした。

目覚まし時計を複数用意する

これはネットで調べたんですが、目覚まし時計をシフト分用意して、前日に該当の目覚まし時計のみONにするというやり方をしている人が結構多いそうです。
これについては金銭的な問題もあったのですが、僕の場合4シフトだったので4つも買うと目覚まし時計のおき場所に困ってしまうかなと諦めました。
またやはりこの方法も忘れてしまうのが正直怖かったです。

インストールするスマホアプリ2つとグーグルカレンダーを利用で解決

そこで色々ネットで調べて、今以下のような方法を取っています。
もしかしたら1つのアプリで出来たり、もっと効率の良い方法はあるかもしれません。
また毎日設定する事が苦でない場合、かなり回り道に見えてしまうかもしれないです。
僕の場合、目覚まし時計を毎日設定するのが嫌忘れそうで怖い、を解消する事が問題だったので、それを解消するために探した方法です。
同じような方がいらっしゃれば、もしかしたら参考になるかもしれない、という事で書いていきます。

クイッカルを使ってグーグルカレンダーに翌月のシフトを記入

kuikaru

クイッカルのインストールはこちら

このソフトは正確には、シフト勤務をグーグルカレンダーにスマホから一括登録をするソフトになります。
ですのでグーグルカレンダーからそれぞれ登録をすれば、このアプリは必要無いのですが、シフトの登録が非常に簡単だったので導入しました。

kuiikaru2

まず上記のようにそれぞれのシフトの時間帯を設定します。
シフトの開始時間は、「実際の勤務時間ではなく、そのシフトのときにアラームを鳴らしたい時間に設定(※)」して下さい。


上記の時間で設定したグーグルカレンダーの開始時間にアラームが鳴るので、
シフトと同じ開始時間に設定したら目覚まし時計として役にたちません。
アプリの設定やグーグルカレンダーの設定でもしかしたら設定できるかも知れませんが、僕は分かりませんでした。

kuikaru2

設定したらカレンダー画面で、該当の日付をタップしていき、それぞれ設定します。
予め時間さえ設定しておけば、後はタップだけで時間設定を個別にする必要が無いので非常に便利です。

グーグルカレンダーで確認

クイックルの設定が終われば、一応ちゃんと同期しているかをグーグルカレンダー上で確認します。

アラームカレンダーplusで目覚まし時計設定

ご存知の人も多いと思いますが、グーグルカレンダーにはリマインダー機能があります。
このアプリを使わなくても、一応音で知らせてくれます。
ただし、その音はほとんどメール音のようなもので鳴っている時間も短く、
とてもじゃないですが目覚ましとしては怖過ぎます。

そこでこのアラームカレンダーplusを使うと言うわけです。

アラームカレンダーplus

alm

このアラームカレンダーplusはグーグルカレンダーの設定した時間に目覚まし時計を自動的に設定してくれるというもの。
メイン画面の上部に、グーグルカレンダーを選択すれば、カレンダー上の時間に合わせて目覚まし時計の設定を一括で行えます。

ちなみに、スヌーズ機能やその間隔、音量を徐々に上げていく、目覚まし音の設定など、
目覚まし時計に必要な機能はほぼ全て備えています(詳しくはページをご覧下さい)

またこのアプリはウィジェットも用意されており、それを使えば次になるタイマーの設定を確認できます。
ですので設定が不安な場合は前日にこのウィジェットに間違いが無いかを確認すれば大丈夫です。

これでシフトが確定したらその都度登録すれば毎日登録する必要は無くなる。

シフトを登録する時は若干面倒ですが、毎日行う作業をまとめてやっていると思えばそれ程苦になりません。
またその時だけ集中して間違えないように気をつければ後は自動になるので、毎日こまめに設定を注意して変えるよりは僕はこの方法が良いと思っています。
ただいくつか現時点で困っている事もあるので、以下は注意して下さい。

クイックルシフトの時間帯設定

登録した時間ジャストで鳴るので、クイックルのシフトを設定する時は時間に注意したいです。
僕は2時間前に設定しているのですが、例えばこれを1時間前に変更したい場合クイックルのシフト設定を変更しても2重登録になってしまうんですよね。
なのでグーグルカレンダーで該当のものを一つ一つ削除して、その後クイックルで再登録というやり方を取っています。
アラームカレンダーplusの方で設定時間の○分前設定などが出来れば良いのですが、
基本的に目覚ましアプリなので、そういった機能は無いようです。
こうなると目覚ましアプリではなく、スケジュールアプリの方が良さそうなのがありそうなんですが、探してみましたがこちらはほぼ全てアラームではなくリマインダーになっており、メール音のようなものが鳴るだけで、目覚まし時計としては正直怖いんですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
他にも良い方法はありそうですが、今の所僕はこのやり方でシフト勤務を乗り切っています。
一応ソフト的な不具合などの問題で時間が変わったり、目覚ましが鳴らなかったりということは今の所起きていません。

やや回りくどい方法ではありますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク