会社のパソコンは監視されている?→されています。社用パソコンでネットサーフィンする際の注意。

会社のパソコンは監視されている?→されています。社用パソコンでネットサーフィンする際の注意。

会社のパソコンは監視されている?→されています。社用パソコンでネットサーフィンする際の注意。

会社のパソコンは監視されている?→されています。社用パソコンでネットサーフィンする際の注意。

職場にネットに繋がるパソコンがあって、業務中にネットサーフィンが出来る環境にある方も多いのではないでしょうか。
僕の職場でも社員個別にパソコンが用意されていて、見ようと思えばどんなサイトでも閲覧する事が可能です。
しかしあまり気にしていない方も多いようですが、社用パソコンは会社に監視されている事が多いんです。
もちろん監視しているかどうかはその会社によるのですが、IT関連企業や名前の売れている大企業であればほぼ間違いなく監視システムが導入されていると思って待ちがいありません。

スポンサーリンク

今回はそんな社用PCでネットを閲覧する時の注意事項について書いていきます。

会社のパソコンは監視されている?→されています。社用パソコンでネットサーフィンする際の注意。

何故監視が必要なの?

下手すればプライバシーの侵害に該当しそうなパソコンの監視がまかり通っている理由。
会社視点で見れば、会社の信用を守るために他なりません。

  • 社員がアダルトサイトを閲覧していてウイルスに感染して社内の機密情報が外部に流出した
  • 社員が仕事中にP2Pソフトを利用して違法ダウンロードを繰り返していて逮捕されてしまった
  • 社員がネットの掲示板に会社の機密情報を投稿してそれが炎上してしまった

取り返しがつかない事件になってしまいます。
普通に考えれば、やっていた本人が一番悪いですよね。
でも一度ニュースになってしまうと、その人ではなくて、○○(企業名)の人が~って話が広まってしまってそうなると会社の信用が地に落ちてしまうわけです。

これらはやろうと思えば自宅でも可能な話で100%防ぐ事などは出来るわけがないのですが、そもそも業務中にこんな事やられたら仕事が捗るはずはないですし、そういった面でも監視が必要と判断している企業が多いんですね。

変な事をしていたらバレる?

大抵の場合専用の監視システムを導入しています。
このシステムはかなり高精度で、業務に関係ないサイトを閲覧した、だけではなく、どのソフトをインストールしたか、プリンターの印刷履歴、USBにどんな機械を接続したか、等全て把握されます。
もちろんリアルタイムに全社員のあらゆる動きを監視するなどはしていないでしょうが、特定のパターンでフィルターをかけている場合が多いようです。

スポンサーリンク

社用パソコンでネットサーフィンする時の注意

では次に社用パソコンでネットを閲覧する際の注意点をあげていきます。
代表的な禁止令となりますが、その会社の業務内容によって可否は分かれるのでそこはご注意下さい。
たとえばアダルトサイトの閲覧など通常はアウトですが、児童ポルノを監視パトロールしているような企業ならある程度許容しないと業務がなりたたないでしょう。

P2Pソフトの利用:論外

許可されている企業はほぼ無いと思って良いでしょう。
P2Pソフトを監視するような企業なら別かもしれませんが、1歩間違えば違法ダウンロードに該当しかねないです。
ソフトをインストールした瞬間に会社に把握され、最悪の場合処分対象になると思われます。

ダウンロードサイトの利用なども同じですね。
違法なファイルになると法に引っかかってきますから、自分から処分してくださいと言っているようなものです。

業務に関係ないサイトの閲覧:基本NG

携わっている業務に関係ないサイトも基本的にはアウトとなります。
特にyoutubeのような動画サイトは通信量があっという間に上がりますから、一発でバレます。
会社によってどこまで許容しているかにもよります(ニュースサイトの閲覧はOKの場合もある)が、どう考えても業務に関係ないでしょう、という言い訳できないサイトは注意しましょう。
なのでアダルトサイトなどもっての外なんです。

社内メール、社内チャット:外部への送信は監視

まず、社外へ送信したメールは100%監視されていると思ってください。
外部へのアクセスとなりますので、妙なファイルが添付されていないか、機密情報が本文に入っていないか、間違いなく監視されます。

個別に当てた社内メール、社内チャットは全て監視するとなるとやはり手間的に難しそうですが、特定の単語(パワハラ、セクハラに繋がるような)はフィルタリングしていると思った方が無難ですね。

プリンターの印刷履歴:機密情報は注意

社内のデータ等の外部流出を防ぐ意味で監視されている場合が多いです。
印刷のために社員証、社員番号が必要な場合は100%と思って下さい。

飲み会のお店をプリントアウトした、なども考えられるので、業務に関係ある、ないというよりも、機密情報等ではないかを注意した方が良いでしょう。

パソコンに接続するUSB機器:充電器でも危ない

最近注目されるようになった人的被害の代表例が実はUSB接続です。
なので間違いなく監視されています。
どれだけセキュリティを強化してもウイルスに感染したフラッシュメモリを差し込んだだけで一発感染ですし、スマホと接続して重要なファイルが流出されてもたまったもんじゃありません。

上記の事からスマホの充電器のような使い方であっても変な誤解を受けたくなければ避けた方が良いでしょう。

SNSの投稿

最近はそこまで聞きませんが、昔は掲示板への投稿がきっかけで情報が流出するようなケースがよくありました。
ですので、5ちゃんねるのようなサイトはそもそも見ない方が良いでしょう。

またツイッター、Facebookのようなアカウントログインをしなければ投稿が出来ないサービスであっても投稿内容が確認できるようになってきた、という噂もあります。
ログインが必要な分見られるはずが無い、と思われそうですが、注意しておいて損はないでしょう。

まとめ

以上社内PCでネットを閲覧する際の注意点でした。
正直な話サボッて無いで仕事時間はきっちり仕事をすれば良いんですよね(笑)

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク