「HWD15」WiMAXでインターネットが安定しない時の解決策。

「HWD15」WiMAXでインターネットが安定しない時の解決策。

「HWD15」WiMAXでインターネットが安定しない時の解決策。

「HWD15」WiMAXでインターネットが安定しない時の解決策。

インターネットの代替にWiMAX「HWD15」をおすすめする理由

生活の中である理由からしばらくインターネットが使えなくなる状況は結構とあります。
僕は数年前に引っ越しをした際、工事の日程がかみ合わず1ヶ月程度インターネットが出来ない(BBIQの引っ越し工事は非常に遅い)、という状況になりかねませんでした。
その時に利用したのがWiMAXのレンタルサービスでした。

スポンサーリンク

WiMAXは工事の必要がないため、機器が届いた瞬間からすぐに使うことが出来ますし、高速回線でもあります。
ただ通常の方法で契約をすると、スマホなどの契約と同様に○年縛りがつきまとってしまいます。
仮にしばらく使えなかったとしても長くて数ヶ月。
この数ヶ月のために、長期間で契約するのはさすがに気が引けますよね。

引っ越し、海外で働いている人が帰国して、出張時、入院などなど…考えればいろいろとネットが使えない状況はありそうですが、そのニーズを満たすWiMAXレンタルサービスは僕の中では限りなくベストに近い選択肢だと思っています。

難点としては、価格は割高(通常の契約と比べると倍位します)、選択できない通信方法がある(ハイスピードエリアモード「(LTE)は利用不可)の2点でしょうか。
特に選択できない通信方法はやっかいで、選択不可ではなく選択禁止のためシステム設定から選択することが可能なんです。
そして選択した瞬間に別料金が発生してしまうという恐ろしい仕様。
上記ページでも書いていますが、僕がおすすめしているレンタル機種「HWD15」はWiMAXとWiMAX2を任意で選択できる事が最大のメリット。
ただだからこそ他の機種と比べてこの通信方式を操作することが多く、選択時にうっかりハイスピードエリアを選ぼうものなら…というリスクが常につきまとってきます。
まぁ気をつけろといえばそれまでですし、これをお店の方に何とかしろというのも難しい話だと思いますが、状況的には危険で不親切極まりないシステムと言えます。
…誤設定した方多分いると思いますよ。。

さて、まぁこんな感じで数年前に記事を書いていたのですが、今回友人が引っ越しをする事になりまして、インターネットの代替を悩んでいたのでWiMAXのレンタルを薦めてきた、というわけです。

「HWD15」の接続が安定していない場合の対策

対処法:802.11nでの接続をしない設定にする

結局のところ友人もWiMAXのレンタルを選択し、機種も僕と同じ「HWD15」を選択しました。
そして1週間くらいした時に電話が来たのです「ネットがぷちぷち切れまくって困る…」。

有線と比べるとどうしても無線接続は安定しないのですが、友人の環境下では1時間に1回位の頻度で切れるらしく、それは確かにストレスだろうな、と。

そこでちょっと調べてみたんです。
すごく参考になったのは以下のページ。

データ通信端末「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」につきまして、以下手順にてWi-Fi接続の改善が
見込まれます。Wi-Fiの接続が悪い場合にお試しください。

<対処法:802.11nでの接続をしない設定にする

1.Wi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツールを起動する
1)Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の電源ボタンを約3秒以上押して電源を入れる
2)無線LAN端末を起動し、HWD14と無線LAN接続する
3)Webブラウザを起動し、アドレス入力欄に「http://wi-fiwalker.home」と入力する

2.Wi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツールにログインする
1)ユーザー名「admin」とパスワードを入力して、「ログイン」を選択する
・ログインする際は、ロック解除画面の表示中、または画面消灯中に操作してください。
・お買い上げ時のWi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツールのログインパスワードは、IMEIの下5桁が設定さ
れています。

※IMEIは下記いずれかの方法でご確認いただけます。
・本体背面に貼付されているシール
本体メニュー画面  「設定」 > 「情報」 > 「端末情報」

3.LAN設定
1)サブメニューから「LAN設定」>「基本設定」を選択する
2)IEEE802.11モードのプルダウンから”802.11b/g”を選択する
3)設定が完了したら「適用」を選択する
4)「OK」を選択し、「続行」を選択する

(引用:HWD14の接続が切れる!ノマドに必須のモバイルWi-Fiルーターの設定方法を解説!

ちなみにページはHWD14と一つ前の機種ですが、無線と規格についての設定のため、どんな機種でも設定してみるだけの価値はあるのかなと思います。
IMEIの番号確認はレンタルの場合、背面にシールを貼られていて確認が出来ないので、「本体メニュー画面  「設定」 > 「情報」 > 「端末情報」」で調べます。

設定は簡単なのですぐに終わったのですが、残念ながら友人の場合はこれで改善しませんでした

Wi-Fiチャンネルを変更する

そこで同じ画面にWi-Fiチャンネル設定を変更できる箇所があったのでこの箇所を任意の番号でいくつか試して安定している番号を探すように伝えておきました。
昔から無線設定が不安定な時はチャンネル変更が有効でしたしね。

Wi-Fiチャンネルを変更する

Wi-Fiチャンネルを変更する

上記の今「4」になっている箇所を1~11の間で好きな番号に変更すれば完了です。

最初いくつか数字を試しても改善しなかったのですが、最終的に「4」で安定したそうです。
1とか7は選ぶ人が多そうな気もするし、微妙に不吉な印象もある4は意外と盲点かもしれませんね。
まぁ場所や利用している人たち次第なのでただの偶然ですが。

一応ここの変更までやったら、しばらくしてある程度安定してきたそうです。
それでも数日に1度位の頻度で切れてはいるみたいですが、その位の頻度なら無線だと割り切ってもらうしかないのかなと思います(笑)

まとめ

以上WiMAXの接続が安定していない時の対策でした。
結局のところ2つしかやってませんし、非常に単純な内容ではあるのですが、情報を探すのは結構苦労しました。
一番苦労したのは、実は「IMEI」の確認。
多くのページが機種の背面に番号打ってるからさ!って書き方だったんですが、前述したようにレンタル機種はシールが貼られているためその方法では確認できません。
最初レンタルの場合は設定させないようにしているのかな?と思ったくらいです(汗)

なんにしても接続が安定してくれて良かったです。
薦めた以上はやっぱり快適に使って欲しいですもんね。

ということでややプライベート日記な側面が強い記事ではありましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク