異なる主要ブラウザ間の「お気に入り(ブックマーク)」を同期してくれる「Xmarks」が便利。

異なる主要ブラウザ間の「お気に入り(ブックマーク)」を同期してくれる「Xmarks」が便利。

異なる主要ブラウザ間の「お気に入り(ブックマーク)」を同期してくれる「Xmarks」が便利。

異なる主要ブラウザ間の「お気に入り(ブックマーク)」を同期してくれる「Xmarks」が便利。

日常生活で複数のブラウザを使っている、と言う方におすすめのネットサービスが「Xmarks」です。
「Xmarks」は異なるブラウザ間でのお気に入り(ブックマーク)を簡単に同期してくれます。

スポンサーリンク

意外とブラウザによっては安定しないネットサービスもあったりして、メインのブラウザを決めていても1つのブラウザのみで全てを完結するのは難しかったりします。
僕もメインのブラウザはFirefoxを使っているのですが、安定しない(表示が崩れている、設定が反映されないなど)サイトやログインシステムがいくつかあって、その場合はChrome、IEなどで代用しています。
こんな時一番困るのがお気に入りの設定です。
Firefoxはいつも使っているだけに、お気に入りも細かく設定しているのですが、Chomeやインターネットエクスプローラーは最低限のURLしか設定していません。
ChomeやIEでも普段のお気に入りが表示されると便利なんだけど…そう思っている方は是非「Xmarks」の導入を考えてみてください。

異なるコンピューターでの同一ブラウザで同じお気に入りを、という場合はFirefoxだと、「Sync」があるので簡単に実現できますが、「Xmarks」にはこの機能も標準装備されているので、個人的にはSyncよりもXmarksの方がおすすめだと思っています。

Xmarksの概要

公式アナウンスされている推奨ブラウザは4種。

「Xmarks」を使って同期できるブラウザとして公式にアナウンスされているものは以下の4種となります。

  • インターネットエクスプローラー
  • Google Chrome(グーグルクロム)
  • Firefox
  • Safari

お気に入りをサーバーにアップロードして同期させるクラウドサービス

「Xmarks」お気に入り(ブックマーク)のフォルダ階層をサーバー上にアップロードし、それぞれの端末がその情報を取得する事でお気に入り(ブックマーク)を同期させるシステムになっています。
要するにクラウドサービスの1つです。
つまり個人情報をネットにアップロードしている、という事ですね。
クラウドサービスはメリット、デメリットがあります。

クラウドに情報を保存しているサービスである事を理解した上での導入をお願いします。

スポンサーリンク

一応「Xmarks」には対策として、アップロードするサーバーを独自サーバーに変更するという設定も用意されています。
ただ、現時点ではFirefoxでしか利用出来ないらしく、独自サーバー機能を利用した場合は、ブラウザ間での同期が不可能になってしまいます

任意のブラウザでアクセスし、個別に拡張機能(アドオン)をインストールする

「Xmarks」を利用するためには専用の拡張機能(アドオン)を各ブラウザにインストールする必要があります。
任意のブラウザ(導入したいブラウザ)で専用URLにアクセスし、インストールボタンを押すだけで自動的に完了するので、操作としては難しくありません。
普段拡張機能やアドオンを利用している方であれば全く問題ないでしょう。

http://www.xmarks.com/

上記URLをクリック後、「INSTALL NOW」をクリックします。

導入したいブラウザでURLアクセスをする

導入したいブラウザでURLアクセスをする

ブラウザによってその後の表示に差がありますが前述の通り、基本的な内容なので迷う事は無いはずです。

設定方法

まずメインで使っている同期元にしたいお気に入り登録をしているブラウザに導入する事をおすすめします。
もちろん後から調整も出来ますが、一番手っ取り早いです。

その後同期させたいブラウザを個別に設定していきます。
この時に注意点が1点だけあります。

セットアップの際、ブックマークの同期についての設定箇所が表示されます。

  • サーバー上のブックマークをコンピュータ内のブックマークに連動してください
  • サーバー上のブックマークを保持してください:コンピュータ内のブックマークを捨ててください
  • コンピュータ内のブックマークを保持してください:サーバー上のブックマークを捨ててください

簡単に説明すると、「全てのお気に入りを残したい」、「サーバー上のお気に入りを反映させる(このブラウザのお気に入りは破棄)」、「このブラウザのお気に入りを元にしたい(サーバー上のお気に入りを破棄)」となります。

個人的には、「サーバー上のブックマークを保持してください:コンピュータ内のブックマークを捨ててください」(先に設定したブラウザのお気に入りを反映させて、現在のブラウザのお気に入りを破棄する)をおすすめします。
全てを反映させる「サーバー上のブックマークをコンピュータ内のブックマークに連動してください」でも良いのですが、お気に入りが被ってしまう場合もありますので…。

※後からサーバー上のブックマークを細かく微調整も出来ます。

「Opera」や「Edge」にも「Xmarks」は利用可能。

現在の主流ブラウザ5種に数えられる「Opera」や、Micorosoftの新ブラウザ「Edge」の名前がありませんが、調べてみたところそれぞれ拡張機能が用意されていました。

拡張機能「 Xmarks Mini」 – Opera アドオン

Xmarks – Microsoft ストアの Windows アプリ

Operaについては色々惜しい部分もあるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ブラウザ間のお気に入り(ブックマーク)を同期してくれる「Xmarks」のご紹介でした
設定自体は非常に簡単で、1ブラウザに導入するのは大体数分と言った所だと思います。
またアップロードと言ってもお気に入り情報ですので、流出したとしても個人情報を辿るのはなかなか難しいと思われます。
もちろん当然繋がってしまうようなお気に入り(本名登録しているfacebookの自身のページなど)もありますので、その場合は微調整で個別に削除しておきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク