楽天銀行が突然凍結されてしまう…?過去に実際起こってしまった事例。

楽天銀行が突然凍結されてしまう…?過去に実際起こってしまった事例。

楽天銀行が突然凍結されてしまう…?過去に実際起こってしまった事例。

楽天銀行が突然凍結されてしまう…?過去に実際起こってしまった事例。

楽天銀行を利用している人は多いのではないかと思います。
今回は楽天銀行のお話となります。

スポンサーリンク

ネットバンクとして非常に有用な楽天銀行

ネットバンクですから当然ネットで入出金が可能ですし、便利ですよね
また楽天銀行同士は手数料が無料で用意しているネットショップが多いというのも魅力。
さらに楽天市場では楽天バンク決済もあり、利用すると入金処理の手間すら不要となります。

と、言う事でとても便利なネット銀行と言えるでしょう。

しかしそんな楽天銀行が突然使えなくなってしまったらどうでしょうか?
相当焦ってしまいますね。
今回はそんな楽天銀行についてのちょっと危険な話になります。
若干古い話なのですが、正直いつ来てもおかしくない内容でかなり怖いです。

突然楽天銀行のアカウントが停止された方

まずは下記のサイトをご覧下さい。

運悪く海外で楽天銀行を利用しようとして、アカウント停止になってしまった方のブログ記事となっています。
拡散希望と記載がありましたので今回ご紹介させていただきました。

スポンサーリンク

要約すると

ひとまず上記の記事をお読みいただいた前提で要約します。

  1. 海外で突然楽天銀行のアカウントが停止
  2. 楽天銀行に問い合わせるもなかなか対応されない
  3. 長い時間待たされて理由を聞くと「詐欺、闇金融で楽天銀行が使われている事が発覚したのでモニタリングの名目で怪しいアカウントを一時的に全停止」
  4. 結果入出金が多いヤフオク系業者さんたちが一斉停止
  5. 凍結解除のため数度のヒアリングと業務内容、取引、帳簿などのFAX送信(海外のためメール)
  6. ようやく凍結解除(しかし連絡は無し)

と言う事だそうです。

使いやすいが故に悪徳業者もよく利用している

まずはどうして凍結せざるを得なかったか、と言う事ですが、便利で使いやすいために悪質な業者も楽天銀行はよく使っていると言う事でしょうね。
またブログのSawa様も触れていますが、楽天銀行のセキュリティー面にもやはり課題はあったと言えるでしょう。
そしてもちろんですが、普通の利用者には全く非がありません
ただシステム的に仕方のない部分はあったのかもしれませんが、多くの一般利用者に多大な負担を強いるというかなり乱暴な措置を取った事は事実です。

楽天市場の担当者の対応と楽天市場の姿勢

一斉停止は楽天の事情もある、と考えればまだ分からなくはありません。
本当にそれしか方法は無かったのか?と思う部分はありますが、内部がどういった状況だったのかはわかりませんしね。
個人的にこの件で特に問題だと感じたのは楽天市場の担当者の対応です。

ヒアリングを2回しているのは、どう考えても引継ぎがきちんと出来ていないからとしか言えません。
毎度の本人確認は電話なので分からなくはないですが、実際に受けてみると確認時の手間だけかかって話が進展しなかったらイラッとしてしまいますよね。

実はこういうの楽天市場の店舗に携わっている時に凄く感じてました。
ただ正直なところ楽天市場が極めて悪いと言うとそうではなく、ヤフーショッピング、アマゾンもまぁ似たようなものなんですが…。

ちょっと例を挙げてみると、

楽天ECC(店舗専用コンサルタント)に連絡したいので楽天に電話したら不在で別店舗の担当ECCに繋がる。
後から折り返すと言って電話が来ない。
後日かけてみると、聞いてなかったと言われる。

別店舗の担当が伝え忘れたのか、聞いてたけど電話をするのを忘れたのかは知りませんが…
ちなみに1回や2回って話じゃありません(笑)

さらに1名逆ギレしている担当者がいますが、この手の担当者って正直結構多いんですよね、楽天って。

これも例を出してみると、

企画時に広告を出さないかと営業が担当ECCから来る。
前向きではあったのだが社内で協議した結果、断る事になった。
広告を出さないとおたくは潰れますよ!とヒステリックに言われる。

って事がありました。

楽天ECCには広告のノルマがあるらしく、店舗の売上アップとは別にどれだけ広告を店舗に買わせたか?というのがあるそうです。
と言う事でECCからすると、売れたと思った商品がキャンセルとなったため我を忘れちゃった形でしょうかね。
ちなみにこの時は、相当怒鳴り上げました
潰れるとか失礼にも程がある話ですし、こっちは文句を言われる筋合いは全くないですよね。
大体売れた後キャンセルとかショップを出したら日常茶飯事ですよ。

そもそもの話として店舗に広告を買わせるノルマっておかしいですよね(笑)
それだと売上を上げるために露出を増やすための広告が効果は二の次でとにかく買わせよう、となっちゃうでしょ。

ちょっと前に更新した記事でお客が店舗原因で迷惑をこうむった場合、店舗に罰金が課せられる。
しかしお金の行き着く先は楽天市場、というのが??と書きましたが、このあたりの姿勢は本当に疑問です。

最終的に連絡をしないとかもう論外ですよね。

楽天市場をメインにするのはやはりリスクが大きいのか?

では楽天市場をメインとして利用するのはどうなのか?です。
個人的な意見ではありますが、それでも有用さは通常の銀行には無いメリットがあるだけに“あり”だと思ってます。
ただ、まぁ大きな会社ともなるとどこも似たような物で楽天市場だけが!という話ではないんですが、対応の遅さと悪さは特筆すべき物を感じます。
ですので、こういった自身に不備のない突然の利用停止がありえる事、あったとしても問題が無いようなリスクの分散は取っておくべきでしょう。

有力候補は以下の2銀行でしょうか。

住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate

ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/

ちなみに僕はジャパンネット銀行は開設しています。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク