「windows10」に早速不具合。懸念された強制アップデートの弊害が…。

「windows10」に早速不具合。懸念された強制アップデートの弊害が…。

win_100817

スポンサーリンク

今までのOSと比べると若干ひっそりとした登場となったwindows10
IEに変わる新ブラウザがEdgeが搭載されたりと話題性はあるのですが、今ひとつ知られていないニュースかも知れません。

そんなwindows10ですが、早速不具合が発生したとネットでニュースになってしまいました。

windows10の「Windows Update」は強制アップデート

まずは大きな変更点として考えられていた「Windows Update」について説明しておかなければなりません。
ウィンドウズアップデートとは、インターネットを通じてウィンドウズの状態を最新に保つために提供されている機能です。

簡単に説明するとwindowsは現在パソコンでNo1のシェアを誇るOSです。
だからクラッカー…ハッカーの方が分かりやすいかも知れませんが、そういった悪意ある攻撃者に狙われやすいんですね。
そんなクラッカーたちは、windowsのセキュリティーの隙間を狙ってきます。
そうした隙間の事をセキュリティーホールとか脆弱性が見つかった、みたいに表現します。
その脆弱性を修正するためのプログラムを提供しているのがウィンドウズアップデートなわけです。

とても素晴らしい機能なのですが、windowsupdateをしない人って実は結構いるんですよね。
修正ファイルのインストールに時間がかかったり、再起動が必要な場合が多いので作業中の人が後回しにして忘れちゃうとか…。
中には設定でウィンドウズアップデートの更新をストップするユーザーもいたりします。
正直気持ちが分からなくもない…程度にはめんどくさい作業だと私も思います。

スポンサーリンク

そうしたユーザーについて思うところがあったのか、今回のwindows10は強制的にウィンドウズアップデートを更新させるようになったわけです。
この機能によって全てのユーザーが常に最新のウィンドウズに保てるようになったというわけです。

しかし、これは当初からある懸念がされていたのです。

意外と起きるウィンドウズアップデートの不具合

実はウィンドウズアップデートをした事で起こってしまう不具合が結構あったりするんです。
ひどい場合だと、ウィンドウズアップデートを更新し続ける…なんてほとんどウイルスとレベルが変わらない笑えない不具合を引き起こした事もあります。
しかも1度や2度ならともかく、割と発生確率は高いです。

これが嫌いで更新を様子見るユーザーも意外と多かったりします。
実を言うと私も大々的な更新時に、様子を見た経験があります。

そんな状況の中アップデートを強制させたマイクロソフトですが、大丈夫なのかな…と思ったユーザーも少なくなかったでしょう。

いつか起こすとは思っていたが、まさかいきなりとは…

で、案の定と言ったら失礼な話ではありますが、いきなり起こってしまったというわけですね(笑)
更新プログラム「KB3081424」に不具合があったらしく、ウィンドウズアップデートを更新し続ける…という正に上記のような不具合を起こした人が続出しました

現在は修正されているので、問題は発生しないようですが、発生してしまった場合レジストリを変更する必要があり、
PCにある程度知識がなかったらパニックになってしまっていたでしょう。

強制アップデートにした姿勢自体は正しいと思う

不具合が起こってしまった人にとっては、ふざけんなマイクロソフト!!って感じかも知れませんが、
一応この強制アップデートにしたのは悪くない選択だったかなと個人的には思います。

どちらが危険か…ですよね。

悪意ある攻撃者に情報を抜き取られたり、ゾンビパソコンにされたりする位なら、
多少の不具合のリスクがあっても強制的にアップデートさせるのは確率的には安全じゃないのかなと。

いくらなんでも、PCが起動しないなんて不具合は起きないでしょうし、万が一起きてもさすがにちゃんと保障はあるでしょうし…。
まあ賛否両論ありそうで、間違ってないとまでは思いませんけど、あくまで1人の意見として。

と言うわけで今回はwindows10の不具合についてのニュースでした。
アップデートされる方はこのような場合もあるって事を認識した上で行ってください。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク