メール送信後にメールを取り消す(キャンセル)する事は出来るのか?限定的に可能です。

メール送信後にメールを取り消す(キャンセル)する事は出来るのか?限定的に可能です。

メール送信後にメールを取り消す(キャンセル)する事は出来るのか?限定的に可能です。

メール送信後にメールを取り消す(キャンセル)する事は出来るのか?限定的に可能です。

メールの誤送信ってよくありますよね。
添付したいファイルを添付してなかった、宛先を間違えちゃってた…
家族や友人なら「間違えちゃったよ」と送り返せば良いのですが、大事な取引先へのメールで敬称をつけ忘れてしまった日何かには青ざめる事間違いなしです。

スポンサーリンク

僕の場合は…お客様や取引先の方への敬称を入れ忘れてしまったことが何度かあります。
幸いにしてそれが原因で怒られた事や取引が中止になった事はありませんが。
ただ自分が受け取ったらと考えたら、絶対に忘れてるんだとは思っても好印象にはならないですし、当時受け取った方もそれは同様だったんじゃないかと思います。

そう考えると、メールは慣れた操作だからこそよくよく注意して送信する必要があります。
でも注意しても注意しても何故か送信後に気づいてしまう不思議。。

ところで、送信してしまったメールって取消し(キャンセル)は出来ないの?

誰しも一度は思った事があるのではないでしょうか?
これさえ出来れば、ミスがあってもすぐに修正できるのに…。

という事で、今回はメールの誤送信とその取消しについて書いていきます。
結論から言うと、限定的に可能となっています。

スポンサーリンク

ミスしてしまったメールの送信キャンセルは限定的に可能

送信済のメールを取り消すためには現在2つの条件があります。

  • Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを利用している事。
  • グーグルGmailのデスクトップ版を利用している事。

のどちらかです。

ちなみにMicrosoft Exchangeは、個人用、家庭用アカウントで利用する事はほぼありません。
そこで今回はGmailでの送信キャンセルについて記載します。

Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを利用している場合はこちらを参考に

Gmailでの送信取消しの設定方法

GmailのWebメール版に限定的に機能が付与されています。(スマホでは不可能なので注意!

1.Gmailにログインし、歯車のアイコンをクリックして、「設定」ボタンをクリックする

1.Gmailにログインし、歯車のアイコンをクリックして、「設定」ボタンをクリックする

1.Gmailにログインし、歯車のアイコンをクリックして、「設定」ボタンをクリックする

2.画面上の「送信取消し」の項目で「送信取消し機能を有効にする」にチェックを入れ、任意の秒数を設定する

2.画面上の「送信取消し」の項目で「送信取消し機能を有効にする」にチェックを入れ、任意の秒数を設定する

2.画面上の「送信取消し」の項目で「送信取消し機能を有効にする」にチェックを入れ、任意の秒数を設定する

※5秒、10秒、20秒、30秒で設定可能。

3。画面下部にある「変更を保存」をクリック

以上で設定完了です。
この状態になっていれば、メール送信後の画面に「取消し」ボタンが追加されているので、クリックすれば送信がキャンセルされます。
取消し可能な時間は「2」で設定した秒数までです。

メール送信後の画面に「取消し」ボタンが追加されているので、クリックすれば送信がキャンセルされます

「取消し」ボタンのクリックでメールがキャンセルされる

具体的にはメールの送信自体を遅らせている仕様

動作的には、メールの送信ボタンを押した瞬間に送信するのではなく、メールの送信タイミングにラグを発生させている形のようです。
また先にも述べたようにスマホ版では機能が働かない事も注意しておく必要があります。

送信取消しは実は裁判沙汰がきっかけで実装された機能だった?

余談ですが、Gmailの送信取消し機能は実は裁判沙汰がきっかけで追加される事になったという背景があるようです。

アメリカの話だと思いますが、さすがにしゃれになっていない事態ですよね。
何故見ず知らずの人に誤送信しちゃったの?…と思ったりしますが。

それにしてもスパッと裁判に持っていくあたり、さすが裁判大国と言われているだけあります。
…アメリカの話ですよね?これ。

まとめ

以上Gmailにおけるメール誤送信のキャンセルについて、でした。

何度か誤送信をした経験上の話ですが、誤送信に気づくのは送った瞬間がほとんどです。
というか、それ以内に気づいてなければ言われないと気づかない(笑)
ですので、最大30秒という設定時間は一応問題無いと思います。
出来れば、取消し操作も余裕を持って行いたいので、数分あれば尚良かったのですが。

それ以上に現状欲しい機能としてはやはりスマホでの実装が欲しいですね。

Gmailを利用している方は念のための意味で設定しておくと良いと思いますよ。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク