覚えれば便利なWindowsショートカット集

覚えれば便利なWindowsショートカット集

これだけは覚えておきたいWindowsショートカット

ショートカットとは?

ショートカットとは、キーボードの特定のキーの組み合わせで、
特定の動作を完了させるものです。

スポンサーリンク

例えばWord、Excelで「上書き保存」を行う場合、
通常はメニューバーから
ファイルをクリックしてさらに上書き保存をクリックします。
つまり2段階のクリック操作が必要です。

ここで使えるのがショートカットです。
「コントロールボタン(以下Ctrl)+S」を押す事で、
1回の操作で上書き保存が完了するのです。

このショートカットはとても便利なもので、
無数に存在します。

全てを把握している人は少ないのではないでしょうか。

以下は代表的なショートカットをまとめています。
覚えておくと便利なものばかりなので、
まだ知らないショートカットがあったら、
この機会に是非覚えてしまいましょう。

スポンサーリンク

パソコンショートカット一覧

Ctrl + A「全選択」

その時点で選択できる全てのものを選択状態にします。
フォルダ内の全ファイルを選択する時に使います。

Ctrl + C「コピーする」

ブラウザのテキスト部分をコピーする、
フォルダを開いてファイルをコピーする、
時に使えます。

Ctrl + X「切り取る」

ファイル、テキストエディタなどの選択されているテキストを切り取ります。
ブラウザ上でテキストを選択した(切り取れない)場合は無効です。

Ctrl + V「貼り付ける」

コピーしたり切り取ったりしたりしたテキストやファイルを、
貼り付けます。
特に「Ctrl+C」と組み合わせた、
コピーして貼りつける事は通称「コピペ」と呼び、
大変有名な合わせ技になります。

Ctrl + S「上書き保存」

編集中のファイルをそのまま上書き保存します。
ワードプレスで使用した場合、下書き保存になります。

Ctrl + Z「一つ前に戻る」

ファイルを編集中の時に一つ前の状態に戻します。
意外と知られていないのは、ブラウザの入力画面などでも対応している場合が、
多々あります。

Ctrl + D「ブラウザ専用のお気に入り追加」

ブラウザ上で使用するとお気に入り追加になります。
どちらかというとCあたり(コピーしようとして)の
押し間違えによる暴発が多いかもしれません。

Alt + カタカナひらがな「ローマ字入力とひらがな入力の切り替え」

暴発ショートカットその2?
突然ひらがな入力になったりして焦った事がある人も多いのでは?

Alt + Tab「アプリケーションの切り替え」

現在開いているアプリケーションを順番に切り替えます。
実に独特な表示をするため、
あまり詳しくない人の前ですると、
尊敬の念を向けられる事も。

まとめ

ショートカットは便利といっても、所詮2、3段階程度の操作を、
1段階にする事が出来るだけなので、
1回の操作程度ではそこまで差は出てきません。
ショートカットは何回も操作する時に威力を発揮します。

上記以外で有名なものに
「Ctrl+N(新規作成)」「Ctrl+P(印刷)」などがありますが、
それほど毎日何度も行う操作とはいえませんよね。

逆にコピーやペーストはデータ操作、ファイル移動の時に便利ですし、
「Ctrl+S」の上書き保存はクセをつけておくだけで、
突然PCが落ちた時でもほぼ最新の状態でファイルを保存しておく事が出来ます。

有名すぎるショートカットなので、
全て知っているという方も多いと思います。

機会があれば、逆に日常ではあまり使わないかも?
って感じの珍しいショートカットをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク