RSSリーダーからのアクセスに影響? RSSフィールドを 表示させる時は抜粋設定が良い。

RSSリーダーからのアクセスに影響? RSSフィールドを 表示させる時は抜粋設定が良い。

RSSリーダーでの表示の違い

RSSリーダーを使って気になるブログの新着記事を見る事があります。
見てる時に、記事が全文表示されている場合と、
一文だけが表示されている場合と2パターンあるのに気づきます。

スポンサーリンク

特にテキストタイプのブログの場合、RSSリーダーだけで全文読めてしまうと、
サイトに飛ぶことがなくなりますよね。
逆に一文しか表示されていなかったら、
続きを見るの感覚でサイトに飛ぶ事が多くなるでしょう。

まずRSSとは?

サイトの新着情報をお知らせするために記事のヘッドライン情報を独自のデータ形式で提供するものです。

WordPressでは、初期でRSSフィードが自動生成されます。
URLの後ろに“feed”をつけたものが各サイトのRSSフィードになりますね。

このフィードを読み込み、利用者に分かりやすく表示させてたものが、
RSSリーダーです。
以前はグーグルリーダーというグーグル作のRSSリーダーが主流でしたが現在サービスを終了しています。
最近ではfeedlyが50%以上のシェアを占め、
フォルソクもfeedlyを利用しています。
feedlyは一度登録したらサイトを毎回閲覧しに行く必要がなくなりますし、
スマホでもアプリが出ています。
またブラウザの拡張機能やアドオンで実装できるRSSリーダーも多く、
使った事のない方は是非一度試してみてください。

RSSリーダーの設定ではなく、サイト側からの設定が必要

これらの表示は、このサイトは全文、このサイトは一文といったようにRSSリーダーの利用者が設定するものではありません。
サイト運営者の方がRSS設定で変更するのです。
実はこれは私は知りませんでした。
もちろん表示に違いがあるのは知っていたのですが、
てっきりRSSリーダーの方で設定するものだとばかり思っていました。

スポンサーリンク

知らなかった人は本当に簡単に設定が変わるので、
設定してみて下さい!

ワードプレスなら1発で変更可能。

ダッシュボード左側から「設定」→「表示設定」→「RSS/Atomフィールドでの各投稿の表示」
と進みます。

ここで、「全文or抜粋の抜粋を選択するだけ」です。

ちなみに初期設定だと、全文設定になっています。

ワードプレスをインストールした時は、まず設定しておきたい箇所といえるでしょう。

まとめ

まだまだRSSリーダーを使っている人は少ないようで、
一般化はしていないように思います。
ただ最近はどのブラウザでも対応していますし、
スマホなどでも閲覧が可能になってきました。

今後シェアは少しずつ伸びていくのかなと思っています。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク