フォルダ単体にパスワードをかけて見られたくないファイルを保護したい場合。

フォルダ単体にパスワードをかけて見られたくないファイルを保護したい場合。

フォルダ単体にパスワードをかけて見られたくないファイルを保護したい場合。

フォルダ単体にパスワードをかけて見られたくないファイルを保護したい場合。

デスクトップのフォルダにパスワードをかけて、ファイルを保護したい。
個人用パソコンを持っていればそれ程考える必要はなくても、家族と共有して使っている場合は、そのあたり色々と気になってしまう、という方もいるでしょう。
基本的にはユーザーを分ける(追加)事で対応する事が一般的ですが、例えば学生であったりすると、親が許可してくれない、という事も多いようです。
個人的には子供がパソコンで何をしているのか、を把握するのは親の義務だと思っているので、制限をかける事自体は賛成です。
とはいえ、そうであってもどうしてもこれは家族に見られたくないファイル、というのは誰しもあるはずです。
全てが全て見えてしまうのも…と考えてしまうのもまた正直な話です。

スポンサーリンク

今回は、このようなやむを得ず共有パソコンを使用している方向けの記事で、フォルダ単体にパスワードをかけて、その中のファイルはパスワードを使わなければ開けないように出来ないのか?という事をテーマに書いていきます。

ちなみにwindowsのOSバージョンとエディションによっては標準機能としてパスワードでの暗号化が可能です。

  • ウィンドウズパソコンでフォルダ単体にパスワードをかけたい
  • 暗号化が可能なフリーソフト(アタッシュケース)を使用する

ウィンドウズパソコンでフォルダにパスワードをつける

基本的には暗号化技術を利用する

ワード、エクセルと違い、基本的にフォルダにはパスワード保護はつけられません。
基本的にはフォルダ自体を暗号化させ、この暗号化解除にパスワードを設定させる方法を使います。

そのため、内容としてはパスワード付の圧縮のようなイメージとなります。
ただし圧縮解凍ソフトを利用してパスワード保護した場合と比べると暗号化には1つ大きなメリットがあります。

それは暗号化解除時に暗号化した際のソフトが必要無い事。

スポンサーリンク

つまりファイルを友人知人、または取引先などでやり取りをした際に受け取る側はパスワードだけ知っていれば暗号化ソフトを持っていなくても解除が可能になります。

フリーソフト「アタッシュケース」を利用する

フリーソフト「アタッシュケース」を利用する

フリーソフト「アタッシュケース」を利用する

先に述べたようにOSのバージョンやエディションによって標準で暗号化できます。

プロパティ-全般-詳細設定に表示される暗号化チェックボックスにチェックを入れる。

まずはお手元のパソコンでこちらを試してみて下さい。
※Windows 7 Home Premiumでは利用不可。

上記のやり方で暗号化が出来ない場合は、フリーソフト「アタッシュケース」を利用します。

>>アタッシュケース

アタッシュケースは、一般の圧縮解凍ソフトと同じように、ショートカットにドラッグ&ドロップで持っていく事で設定が可能です。
フォルダごと入れ込めばフォルダ内のファイルを1つにまとめて暗号化してくれます。
復元する場合は、暗号化されたファイルを同じくドラッグ&ドロップして持っていくか、ファイル自体をダブルクリックするだけです。

アタッシュケースの主な特徴は、

  • 操作が直感的に分かりやすい仕様
  • 暗号化アルゴリズムが非常に強固
  • ファイルサイズが大容量であっても一瞬で暗号化が可能
  • インストールすると右クリックからでも暗号化できる

です。

特に処理速度は非常に速く、サイズが大きくなればなる程フォルダの圧縮とは差がついていきます。

まとめ

パソコンの操作にそれなりに慣れている方は、個人用PCを持っている事が多いと思います。
逆に共有パソコンでしかパソコンを操作できない環境にある方は、未成年な場合も含めてパソコン自体に慣れていない、という場合が多いでしょう。
その点からも直感的に操作がわかりやすいアタッシュケースは個人的にかなり好感が持てます。

フォルダ自体に暗号化をかけたいけど、よく分からない、と言う方は参考にしていただければ幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク