自宅のWi-Fiが異常に遅い時に確認したいこと。

自宅のWi-Fiが異常に遅い時に確認したいこと。

自宅のWi-Fiが異常に遅い時に確認したいこと。

自宅のWi-Fiが異常に遅い時に確認したいこと。

無線接続のためケーブルを気にせず接続できる便利なWi-Fi
設定さえすればパケット料金もかからずに速い回線を利用できるため、家ではスマホをWi-Fi接続している、という方も多いと思います。
しかしWi-Fiは「繋がらない」「接続がよく切れる」「スピードが遅い」などトラブルが発生しがちですよね。
無線で接続するその性質上有線接続と比べて安定性が低くなるのはある程度仕方が無いのですが、実はこれをしてしまうと明らかに不安定になってしまう可能性が高い、という状況がいくつかあったりします。

スポンサーリンク

Wi-Fiが不安定で困っていて以下に当てはまる物がある場合は、その状況をクリアにする事で状況が改善するかもしれません。
もちろん先に述べたように電波である以上100%接続が切れない、なんて事はないんですが、意外と知られていない話なだけに接続が不安定で困っている方は確認してみると良いと思います。

Wi-Fi接続が不安定になる原因

Wi-Fiルーターとの距離、障害物関係

やはり電波でデータを送受信している関係上距離は無関係ではありません。
当然距離が離れすぎていると不安定になってしまう場合があります。
また、基本的にWi-Fiの電波は壁やドアのような電波に対する障害物に非常に弱いです。
特に金属やコンクリートは安定不安定どころかそもそも電波が届かない可能性すらあります。
ちなみにルーターには5GHZと2.4GHzと2つの帯域が用意されていて、2.4GHz帯域は比較的障害物に強いと言われているのですが、こちらは後述する電化製品の影響を受けやすいため正直どちらが良いとは言いにくいです。

ルーターの帯域

長所 短所
2.4GHz 障害物に強いため、電波が遠くまで届きやすい。
ほとんどの機器が対応している。
多くの電化製品で使用されているため、電波の干渉をうけ回線が不安定になりやすい
5GHz 基本的にルーターでのみ使用される帯域のため接続が安定しやすい。
高速通信が可能。
障害物に弱く、距離が長くなると不安定になる可能性がある。
機器が古い場合、対応していない可能性がある。

電化製品との干渉

知らない方も多いかもと思いますが、他の電化製品の干渉を受けてしまい、接続が切れたり速度が遅くなったりするパターンがあります。
先の帯域で触れていますが5GHz設定はこれが起きる可能性がないため接続が安定しやすいと言われいます。

スポンサーリンク

電波干渉しやすいと言われている電化製品の代表は、電子レンジ、コードレス電話など
これらは2.4GHz帯の電波を発しているため、ルーターとの位置関係、使用状況によっては干渉してしまいます。

Wi-Fi接続台数が多すぎる

パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機とWi-Fiが利用できる電子機器は増えてきていますが、その接続台数があまりにも多いと接続が遅くなってしまう場合があります。
アパートやマンションで共有インターネット回線を利用している場合、利用者の多い深夜帯が混雑して遅くなる事ってありますよね。
占有している自宅のWi-Fiであっても接続台数が増えてくると混雑してしまう可能性は多々あります。
やはり接続状況や機器それぞれの性能、利用状況にもよりますが、10台以上で常時利用している場合はこちらの可能性も考えたほうが良いでしょう。

Wi-Fiルーターの性能不足

Wi-Fiルーターにもそれぞれ性能はあります。
たとえ高速インターネット回線を利用できる環境にあっても、ルーターの性能が追いついていないとその速度は実感できません。
安いWi-Fiルーターを利用している場合は性能不足に陥っている可能性も高いので、速度が速く、接続可能台数が多い機種へ乗り換えを検討しても良いと思います。

スマホやタブレットの性能が低い

パソコンではそれ程影響が出ない場合が多いのですがスマホやタブレットは、アプリを複数起動していたり、アプリの更新が入っていたりするとWi-Fiが遅くなるように感じてしまう事があります。
これは厳密に言えばWi-Fi回線の問題ではないのですが、特定のスマホやタブレットのみ遅く感じる場合は別の機種で試してみると原因の切り分けが出来ると思います。

まとめ

以上Wi-Fi接続が不安定になってしまった時にチェックしたい項目についてでした。
困ったときは、まずルーターと機器の位置関係(距離や電化製品の有無)とその機種だけで起きるのか全ての機種がおかしいのかを確認してみると良いと思います。
確認せずにWi-Fiルーターを購入してしまうと、原因が別にあった場合、お金だけ捨てるような状況にもなりかねかいですし。

最後に無線環境は有線接続と比べると不安定です。
当然有線接続よりも安定した無線環境などは存在しません。
ですので数時間単位で切れるなどは問題ですが、週1位の頻度で起きる…なんてのはザラにあります。
そうしたWi-Fiの仕様とも言える症状とそれが自分自身で我慢できる頻度なのかどうか…を考えて、ルーターの買い替えを検討して下さいね。
自宅の環境に左右されてしまいますが、有線接続はコードがごちゃごちゃしてしまう欠点はあるものの安定性は比較になりません。
安定性だけを求めるのであれば有線環境に変更するのがまぁリスクは低いのかなぁと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク