ヘッドホンを挿したまま、モニターのスピーカーと音声出力を切り替えて使用したい。【設定方法】

ヘッドホンを挿したまま、モニターのスピーカーと音声出力を切り替えて使用したい。【設定方法】

ヘッドホンを挿したまま、モニターのスピーカーと音声出力を切り替えて使用したい。【設定方法】

ヘッドホンを挿したまま、モニターのスピーカーと音声出力を切り替えて使用したい。【設定方法】

ヘッドホンを挿したままパソコンのモニターから音を聞きたい

僕は基本的にはパソコンの音はヘッドフォンで聞いています。
ただ中にはヘッドホンではなく、パソコンのモニターから出力したい、と思う事も少なくありません。
例えば作業しながらyoutubeを流している時のような音声を流し聞きしたい時などは、どちらかと言うとモニターから音を出したいと思ってしまいます。
このような時、以前はヘッドホンをパソコンから抜いて(基本的な事ですよね)対応していました。
これでも不備が無ければ問題が無いのですが、ちょくちょく切り替えていくとどうしてもめんどくさくなってしまいます。

スポンサーリンク

そこで、ヘッドホンを挿したまま音声出力をモニターと切り替える事が出来ないか?と思い、ちょっと前に調べてみたんです。
やってみると意外と楽に切りかえる事が出来ましたので、その方法について書いていこうと思います。

ヘッドフォンをパソコンに挿したまま、パソコンのスピーカーと出力を切りかえる方法

とは言うもののやっている事はかなり基本的な話になりますので、知っている方も多いのではないかと思います。
ちなみに環境はWindows7です。

ヘッドフォンを挿入したまま、サウンド設定を切りかえる方法

コントロールパネルのサウンド設定から行う

コントロールパネルのサウンド設定から切りかえる事が可能です。

1.コントロールパネルを開いて「ハードウェアとサウンド」をクリック

コントロールパネルを開いて「ハードウェアとサウンド」をクリック

コントロールパネルを開いて「ハードウェアとサウンド」をクリック

2.「サウンド」をクリック

2.「サウンド」をクリック

2.「サウンド」をクリック

3.任意の機器を設定して「規定値」に設定をクリック

3.任意の機器を設定して「規定値」に設定をクリック

3.任意の機器を設定して「規定値」に設定をクリック

僕の環境だと現在はスピーカー(PC)から出力になっています。
規定値になっているものは緑の印マークで分かります。
上記の状態で、下のスピーカーのアイコンをクリックすると、下部にある「規定値に設定」ボタンが押せるようになります。
規定値に設定した後に、「適用」をクリックすれば設定が反映され、設定された方の音声出力に切り替わります。

スポンサーリンク

※スタートボタンの「プログラムとファイルの検索」から「サウンド」と検索し、検索結果に出てくるコントロールパネル直下にある「サウンド」でもこの画面に飛べます。

デスクトップに「サウンド」のショートカットを作成する事でワンボタンで設定変更可能に

特別難しい操作が必要なわけではないのですが割と頻繁に設定変更を行う場合、何度もクリックするのはそれはそれで面倒です。
そこでおすすめなのは、デスクトップにショートカットを作成する事。

上記2の「ハードウェアとサウンド」の画面を開いて、「サウンド」をデスクトップにドラッグ&ドロップします。

「ハードウェアとサウンド」の画面を開いて、「サウンド」をデスクトップにドラッグ&ドロップ

「ハードウェアとサウンド」の画面を開いて、「サウンド」をデスクトップにドラッグ&ドロップ

デスクトップでなくても任意のフォルダでも問題ありません。
「サウンド」を右クリックして、「ショートカットの作成(S)」をクリックしてもデスクトップにショートカットが作成されます。

作成された「サウンド・ショートカット」をクリックすると、ワンボタンでサウンドの設定画面を表示させる事が可能になります。

まとめ

以上ヘッドフォンを挿したまま、パソコンのモニターとサウンド出力を切りかえる方法についてでした。
実を言うと端子を何度も抜き差しする事自体があまり好きではないんですよね(なんとなく壊れそうで)。
だから個人的にはこのやり方が一番気に入っているわけですが、単純にヘッドホンを抜けば良いじゃない、と言う方も多そうな気はします。
そういう意味では需要があるのか微妙な所ですが、僕のように抜き差しが嫌い!と言う方は是非一度試してみて下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク