アマゾンが発売される4980円タブレットってどうなの?性能は?以前購入した同価格帯の中華タブレットと比べてみた

アマゾンが発売される4980円タブレットってどうなの?性能は?以前購入した同価格帯の中華タブレットと比べてみた

fire

スポンサーリンク

9月30日に発売が予定されているアマゾンのタブレット『Fire』シリーズ
ラインナップを一新し、なんと一番安いタイプは4980円と驚くような安さで提供されるという事で話題になっています。
現在アマゾンでもベストセラー1位になっており、来月以降は「Fireを買った!」なんて人が周りに結構現れるかもしれませんね。

さて、そんなFireですが、これは果たして買いなのかどうか、他の端末と比べながら見ていきたいと思います。

アマゾンのタブレット『Fire』はプライム会員であれば、4980円。一般会員は8980円。

買おうと思ってこれに気づいてがっかりした人もいるんじゃないでしょうか(笑)
そうなんです、Fireはアマゾンのプライム会員限定で4980円で提供されています。

(プライム会員とは)
Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、Kindleオーナーライブラリーを利用できる会員制プログラムです。

月額で言えば微々たるものですが、アマゾンプライム会員は無料ではなく有料会員なのです。
もっとも日時指定や日時指定を普段利用し、さらにアマゾンを定期的に利用している人であれば、十分ペイできる金額ではないかと思います。
ちなみにアマゾンはこのプライム会員の拡大に力を入れているようで、「プライム・ビデオ」という動画視聴無制限のサービスが導入予定ですが、
こちらもプライム会員は無料利用が出来るようになっています。

スポンサーリンク

アマゾンのFireと中華タブレット、さらに最新タブレットで性能比較

中華タブレット

ASUS ZenPad
(Z370C-BK16)
Fire
価格  8480円(当時はイベント中で
6000円位でした)
ちなみに現在アマゾンでは
17800円になってます!
 19420円 ¥8,980
(プライム会員4980円)
ディスプレイサイズ  7インチ HD  7 インチ 7インチ
解像度  1024×600  1,280×800ドット(WXGA) 1024 x 600 (171 ppi)
カラー  白/黒  ブラック ブラック
プロセッサー  Rockchip RK3126Cortex-A7 クアッドコア  Intel Atom クアッドコア最大1.3GHz
オーディオ  不明(恐らくモノラル)  不明 モノラルスピーカーマイク
ストレージ  8GB  16 GB 8GB
microSDカードスロット  有り、対応Gは不明  あり64GBまで対応 あり128GBまで対応
カメラ  フロントカメラ  イン/アウトにあり最大500万画素 フロントカメラ+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi  シングルバンド  不明 シングルバンド
バッテリー  2500mAh。(体感4~5時間)  8時間 7時間
サイズ  190×108×9.9  11.1 x 18.9 cm 191 x 115 x 10.6mm
重量  285g  272 g 313g
カスタマーサポート  あるとは思えない メール、チャット、電話、Maydayスクリーンシェア

こうして見てみるとそれ程性能に差があるわけではありません。
もちろん高性能を謡う「ASUS ZenPad」はカメラなどそういった方面でやはり高性能ならではの性能を持っていますが、
例えば連続使用時間はそこまで劇的には変わりませんし、容量もmcroSDカードで解決できます。

また今回調べて分かったのですが、当時僕が6000円程で購入した中華タブレットは、
現在楽天では8480円。
アマゾンではなんと17800円である事が分かりました!(高っ!)

それらを考えると(プライム会員限定)4980円という価格は破格である、と言わざるをえません。

中華タブレットを使用した感想を少し

プライム会員でない人の場合、中華タブレットと比べる事になるかもしれません。
7インチでHDと中華タブレットにもセールスポイントは存在します。

そこで中華タブレットの使用感について少し書いてみたいと思います。

充電が100%になってくれない

不具合なのか使用なのかは分かりませんが、何十時間充電しても90%までしか充電が出来ません(笑)
僕はスマホなどでもそうなのですが、100%にならないのが気持ち悪く、色々調べたのですが、
中華製はそんなものである」と言う情報しか見つけられませんでした。

やはり4,5時間だと短いです

体感での使用時間は4、5時間と記載しましたが、
これはテキストブログを見るなど簡単なネットサーフィンなどの場合。
例えば動画コンテンツ(youtube、ニコニコ動画など)を視聴していたら、
2時間とちょっとが関の山だと思います。

また充電器の質もあまり良くないのか、充電しながら使用をすると電池が減っていきます

中華タブレットの主な利用方法

このようにバッテリーが非常に心もとなく、メイン機として使用するのは難しいです。
充電器もこんな感じなので、外に持って行って使うなど考えた事もありません。
ですので、寝る前にベッドの中でネットを見たりしています。

ほんの2、3時間の差でしかありませんが、バッテリー容量や連続使用時間などは吟味した上で考慮して欲しいと思います。
とりあえず17000円は高過ぎるかな。

現在500円程度の差ですが、個人的には価格差が2000円位になるんだったら、中華タブレットは十分ありかな、と思いますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
個人的には、既にプライム会員であるのであれば、即買いしても良いかなってレベルではないでしょうか。
一般会員の方は、無理して急いで買うまではない、というのが率直な意見ですね。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク