ヤマト運輸の値上げによって既存の有力ショップが潰れる可能性。アマゾンと消費者だけが悪いわけではない。

ヤマト運輸の値上げによって既存の有力ショップが潰れる可能性。アマゾンと消費者だけが悪いわけではない。

ヤマト運輸の値上げによって既存の有力ショップが潰れる可能性。アマゾンと消費者だけが悪いわけではない。

ヤマト運輸の値上げによって既存の有力ショップが潰れる可能性。アマゾンと消費者だけが悪いわけではない。

テーマとしてはちょっと古い話題にはなるのですが、ヤマト運輸の値上げ問題
我々消費者からすると、送料が高くなったサイトが増えたなぁ~位の印象で、いつまでも話すような話題でもありません。
ただ、ネットショップ運営視点から考えると死活問題に陥っている店舗さんも少なくないんですよね。
今回はヤマト運輸の値上げ問題について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ヤマト運輸の運賃値上げ問題

ヤマト運輸の見通しの甘さ

まず言われているのが圧倒的に増加した宅配便の取り扱いとそれに対する人手不足
その最たる原因はアマゾンです。
佐川急便がアマゾンとの契約を打ち切った後にアマゾンと取引を開始したのがヤマト運輸。
アマゾンといえば日本有数の通販サイトで毎日もの凄い数の荷物が発送されています。
これの圧倒的な配送量がヤマト運輸のドライバーさんの対応限界を超えてしまい、配達遅延などが発生する事になってしまいました。
またその人が足りないんだからとサービス残業を強いられるケースも見られるようになったそうです。

またアマゾンとの送料契約は非常に安く採算が取れなかったというのも佐川急便が撤退した一つの理由ですが、やはりヤマト運輸も採算が取れるはずがありません。
荷物は増え続け、人は足りない、そして利益が取れないわけで、改善するためには撤退か値上げしかなかったのかも知れません。

ここで一つどうしても感じてしまうのは、予想できた話ですよね、って。
そもそも佐川急便はこうなるのを見越して撤退しているわけですし、圧倒的な数の荷物を引き受けたらいつかドライバーのキャパシティーの限界を超えてしまいますし、その時点で利益すら取れてなかったら資金繰りも苦しくなります。
それでも引き受けたからには採算が取れる自信があったという事でしょうし、引き受けた責任は生じていると個人的には思います。
もちろん、佐川ですら手を引いたアマゾンの配送を引き受けてくれた、事は我々消費者にとってはありがたい話ではあるんですけどね。

やや厳しく言ってしまうのは、以前からヤマト運輸の対応を若干疑問に感じていたからなんです。

アマゾンと消費者だけが悪いように言われていますが…

圧倒的な荷物の流通量から来るドライバーの人材不足の問題は何もアマゾン、ヤマト運輸だけの問題ではありません。
安い送料契約を結んでいる通販ショップはアマゾンだけではないですし(出来るだけ安く契約したいのは当たり前の話)、また消費者に問題が無かったわけでもないです。
僕も以前通販サイトの運営に関わっていたので実感していますが、荷物が届かない事って本当に多いです。

スポンサーリンク
  • 買った後に要らなくなったと受取拒否されたので荷物が戻ってくる
  • 配送先の設定ミスで関東から九州に再配達
  • 日時指定を忘れて外出していたので再配達

色々ありますが、これらは全て二度手間です。
同じ家に何度も配達に行ったり、発送元に荷物を送り返したりする、顧客目線だとただ受け取るだけですが、全部人が荷物を運んでいるんですよね。
ここが理解出来ていない方は正直な話めちゃくちゃ多いんです(ゼロだった日なんか記憶にないレベル)。
まあ1人暮らしの方なんかは常に在宅しているわけでもないですし、一度も受け取れなかった事はありませんと言える人も少ないと思います。
僕自身何度かやってしまった記憶がありますしね。

そんなわけでニュースなどでは、アマゾンを中心に送料をケチる販売業者、そして何度も二度手間をかけさせる消費者について特に言及されていたように思います。
まるでヤマト運輸は被害者です、と言わんばかりに。

どう思いますか?

僕は前述のように確かに販売業者、消費者にも問題はあったと思っていますが、ヤマトが被害者とは思いません。
むしろ見通しの甘さ、言い方は悪いですが無責任な態度にも問題があったと思うんですよね。

○○さんよりも・・・と契約交渉に来ておいて、キャパ超えたからと値上げ宣言ってどうなの?

実はですね、僕が以前働いていたショップって途中からヤマト運輸に変更した経緯があるんですよ。
確か変更は7、8年前でしたが、営業さんが何度も来店して、契約交渉をしたのを覚えています。
結局凄く熱心な交渉で、ずっと付き合ってきた配送業者さんから変更することにしました。

当時はヤマト運輸も業務拡大を目指していたのか、ヤマト運輸に業者変更するショップさんは結構あったんです。
こういったショップからすると、しつこく熱心に交渉に来て契約を変更させておいて、いざ無理になったからハイ値上げします、って背景は理解できますけどなかなか納得できる話じゃありません。

しかも、値上げを渋るとじゃあ荷物を取りに来ませんので!と半ば脅迫に近い形で迫られる場合もあるそうです。
じゃあ以前の配送業者と再契約しようか、となってもこちらから依頼する形になるわけでなかなか安い運賃では交渉してくれません。
それどころか変更した際に揉めて、再契約どころではない場合も多々あります。
ネットショップで配送業者と契約出来なかったら潰れますよね。

また他の例では、運賃値上げではなく配送量を減らすように言われる店舗さんもあります。
アマゾンで増えた荷物を各店舗の集荷を減らすことで相殺しようというわけですね。
つまりこうなると運賃の値上げをしても荷物を取りにきてくれないって話です。
配送量を減らすというのはつまり利益を減らせって言ってるのと同等ですよ。

それでも上記の背景から選択肢がヤマト運輸しかない店舗さんも多いんです。

何も考えずに気軽にアマゾンを引き受けて、無理だからと今度は店舗に値上げを迫る、僕らからしたらこのような感情がどうやっても生まれてしまいます。

潰れる店舗さんはある?

運賃の値上げは=販売金額の値上げでもあります。
価格が上がると販売量に影響が出ますし、利益も減る可能性が高いです。
それでも中堅ショップ以上であれば、運賃の値上げでは潰れるような事にはならないとは思います。

問題はヤマト運輸以外の選択肢がとれず、配送量縮小を要求された店舗
基本的に発送量の多い有力店舗さんが多いんですが(小さい店舗だと配送への影響も少ないため)、この場合はもう業務を縮小するしかありません。
縮小でなんとかなれば良いですが、利益の大半が通販依存の企業も多いですし、最悪有力ショップがバタバタ倒産していく可能性もゼロではないと思います。

まとめ

僕らもネットで商品を買う場合は、出来るだけ安く買いたいですし、一生懸命働いても割が合わなければ仕事もしたくないですよね。
だから値下げをするアマゾンも理解できますし、ヤマト運輸の値上げ、配送量縮小の要求も理解できます。
当たり前の話かもしれません。

が、それでもアマゾンと消費者のみが悪く、ヤマト運輸はむしろ被害者なんです、みたいな雰囲気はちょっと納得いかないかなーと思います。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク