ヤフー知恵袋でアフィステマをするリスク。効果は少なく、全て無駄になる可能性も。

ヤフー知恵袋でアフィステマをするリスク。効果は少なく、全て無駄になる可能性も。

ヤフー知恵袋でアフィステマをするリスク。効果は少なく、全て無駄になる可能性も。

ヤフー知恵袋でアフィステマをするリスク。効果は少なく、全て無駄になる可能性も。

以前ネットショップ関連の記事で、ヤフー知恵袋を利用した集客法について記事にしました。

スポンサーリンク

僕自身ステルスマーケティングは好きではないのでやっていませんしスタンスも正直否定的ではあるのですが、一応ネットショッピングに限り効果がある場合はあると考えています。
ヤフー知恵袋は日本最大級のQ&Aサイトですから、利用者数から言ってもハマれば効果はあると思います。

とまあそんな視点で漠然と知恵袋を覗いてみると、思った以上にステマ回答が多いことに気づきます。
特にただアフィリンクを貼っただけの一目でこれはアフィリエイトステマだと分かる投稿も目に付きます。

後から調べて知ったのですが、この手口を紹介する情報商材が以前売られていたそうですね。
それもあるのかあまりにも多くのアフィステマが目立つ現状です。

これはっきり言うと100%効果無いです。
それどころか投稿した努力を無にしてしまう可能性すらあります。
情報商材なのかネットから知った情報か分かりませんが、もはや騙されていると言っても過言じゃありません。

今回はアフィステマについて書いていきます。

ヤフー知恵袋でアフィステマをするリスク

そもそも禁止って知ってますか?

これすら知らない人がもしかしたらいるのかもしれません。
そもそも知恵袋ではステマ禁止です。

スポンサーリンク

禁止という事はどういうことなのか?
要するに削除されるリスクがあるって話なんですね。

仮に自作自演のステマをしたとして、質問と回答を書き込むのに2分かかったとします。
一日一時間30投稿ずつ頑張って投稿したとしてもある日突然全ての投稿を消されてしまう恐れがあるわけです。

これだけでも恐ろしい話ですよね。
むしろこれだけ時間があるならブログ1記事書いた方がはるかにマシといえます。

知恵袋の一つ一つの質問のアクセス数は微々たるもの

ランキングに入るようなバズった質問は別ですが、知恵袋の閲覧数を見ると酷い時には一桁の時も珍しくありません。
というか多くても数十~数百がほとんどです。
そこから誘導リンクをクリックしてくれる人の確率を考えると、よっぽどの数の投稿をしないと目に見えた効果は現れません。
しかし一生懸命投稿し続けてもいつか全消しされるリスクもあると考えるととても人に勧められるような話じゃありません。

嫌儲厨の存在

他人が儲かるのが気に入らない、いわゆる嫌儲厨。
知恵袋の回答を見ていくと一定数以上は存在しているようです。

嫌儲厨な人たちにとって一目で分かるステマは格好の的。
間違いなく違反申告されてしまうでしょう。

仮にランクインした質問であってもアクセスが増えると嫌儲厨に見つかる可能性も高くなります。
そしてステマ回答は規約違反のため削除されてしまうでしょう。

一目で分かる単純なステマを信じる人は少ない

ネットショップはある程度効果はありそうだ、と思っている僕がアフィステマは意味がないと考えている理由。

回答のリンクを見に行くと記事数が少ない無料ブログに広告ペタペタ…
こんな回答を信じて購入してくれる人ってどれ位いるでしょうか?

逆にあなたはこの回答を信じて買うんですか?って聞きたくなります。

これがネットショップ、例えばヤフーショッピングや楽天のような大手モールに誘導されていれば、まだショップとして運営していると思えますが、こんな内容のブログが表示されても検索順位で上位に来ているハズが無いですし、これだけでステマって判断できますよね。

まとめ

以上ヤフー知恵袋でのステマ回答のリスクについてでした。

前回の記事でも書きましたが、こんな事に時間を費やす位なら無料ブログであっても記事を増やした方が絶対に良いです。
仮に利用するにしてもせめて記事数を増やしてある程度信頼されるブログを作ってからの話じゃないでしょうか。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク