【忘れられる権利】犯罪者の氏名をブログで公開しても良いのか、悪いのか。

【忘れられる権利】犯罪者の氏名をブログで公開しても良いのか、悪いのか。

【忘れられる権利】犯罪者の氏名をブログで公開しても良いのか、悪いのか。

【忘れられる権利】犯罪者の氏名をブログで公開しても良いのか、悪いのか。

僕のブログは時事ネタをほとんど扱わないので誰かの氏名を記載する事はほぼ無いんですが、ブログのジャンルによっては毎回のように氏名が登場します。
トレンドブログや犯罪系のデータベース的な運営を行うとどうしても氏名はブログに登場せざるを得ません
知人が運営しているブログがまさにこのタイプなんですがこの手のブログを運営する場合は通常のブログ運営よりも若干注意と覚悟が必要になってきます。

スポンサーリンク

【忘れられる権利】犯罪者の氏名をブログで公開しても良いのか、悪いのか。

氏名は一般的には個人情報にあたる

と言うのも氏名って一般的には個人情報にあたりますよね。
だから氏名を公開すると通常はプライバシー侵害となってしまうわけです。

ただ一般的にと書いたのは、公開されている個人情報はプライバシー侵害とはならない、と考えられています。(参考:公開されている個人情報の取り扱いについて:公の情報も個人情報に該当するのか

例えば↑のリンクの弁護士さんはページ上の氏名を名乗られていますが、このブログで弁護士の○○さんが~と書いたとしてもこの氏名の部分はプライバシーの侵害とはならないんですね。
今回の例である逮捕された人の氏名にしても、テレビや新聞のニュースで報道されているわけですからプライバシーの侵害とは言えないでしょう。

しかし望んで氏名を公開したであろう弁護士さんとは違い、逮捕された人は望んで氏名を公開したわけではありません
だからこそ今注目されている「忘れられる権利」を主張して情報の削除についての連絡がめちゃくちゃ来るそうです。

と言うわけで法律的には事件や犯罪に関する氏名を公開する事はセーフなんですが、書いた人、もしくはその関係者、または弁護士さんからの連絡が来る可能性は高くなる事は覚悟してブログを公開するべきです。

スポンサーリンク

忘れられる権利と犯罪歴

ところでちょっと前に話題になった忘れられる権利なんですが、初耳だ、と言う方もいるかもしれませんので簡単に説明すると、インターネットが爆発的に普及した事で引き起こされている深刻なプライバシー侵害に対する対策ですね。

2011年11月に世界で初めて主張が認められた事で話題になりました。

フランスの女性がGoogleに対し「過去のヌード写真の消去」を請求して勝訴

簡単に言うと個人に迷惑がかかりかねないプライバシーな情報はウェブ上から消去しましょうよという話です。
当然の話ですね。

ただこれと同じ事が逮捕された人も同じように言えるのか?と言えば違いますよね。
誰にも迷惑をかけていないフランス人女性に対して、誰かに迷惑をかけたからこそ名前が公開されているんだから同じなわけはありません。

個人的な意見を言わせてもらうと、冤罪は別にして犯罪を犯して名前を公開されてそれを忘れて欲しいなんて都合が良すぎます。
未来永劫晒されても文句は言えなだろう、とまで思います。

ただ最近初めて認められた事もあり、裁判所の色々な事例、グーグル、ヤフーといった検索大手、プロバイダーそれぞれで判断が分かれてます。

日本における権利の位置づけ

見ての通り、地方裁判所で認められても高等裁判所で却下されているなど基本的には認められていません
ただし今後例外が無いのかというと、あっても不思議じゃなさそうです。
裁判所で犯罪歴はNOと出たわけじゃなくてそれぞれ事例の内容が違いますしね。
食べるものに困って万引きしてしまったおばさんと、利己的な殺人なんかはさすがに同じ線引きでは語れないでしょう。
ただこれを考慮しだすと判断を分けるラインを設ける必要がありますし、それを判断する事例は現状少なすぎるはずです。

となると1つ1つ判断していくしかありません。
判断が難しい上にブレる可能性も高いだけに、ワンチャンに賭けるというのも何ですが、削除依頼をしたくなる心理はまぁ自然かもしれません。
前述の通り、都合が良すぎとは思いますが(笑)

全く悪くないので自信を持って運営して良いがやり取りは多くなる

と言うわけで、逮捕された人の氏名を記載する事は現状全く問題ありません
僕も興味のある事件の時は氏名で検索をかけたりしますし、比較的アクセスを集めやすい媒体なので、初ブログでも割と簡単に結果が出るんじゃないかと思います。
倫理観的にも僕は晒されるのは自分の犯した事への責任取りの部分もあるし、こうしたブログが新たな犯罪への抑止力にもつながっていると思います。

上記のため賞賛したい、推奨したい、いずれは僕も作ってみようかな、と思う気持ちもゼロではないのですが、犯罪者本人からの連絡はまぁ言いとして弁護士から連絡が来る絶対とビビります(笑)

犯罪に関するブログ記事を書こうと思っている方はここを注意して公開して下さいね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク