アナリティクスを利用して時間帯別のアクセス数を調べる設定方法。【Google Analytics】

アナリティクスを利用して時間帯別のアクセス数を調べる設定方法。【Google Analytics】

アナリティクスを利用して時間帯別のアクセス数を調べる設定方法。【Google Analytics】

アナリティクスを利用して時間帯別のアクセス数を調べる設定方法。【Google Analytics】

ブログを運営していると日々のアクセスは気になってしまうものでちょくちょくグーグルアナリティクスは確認しています。
とは言うものの本気でアクセス解析をしているような事は無く、1日単位、月間単位などのUU/PV、最近はGoogle Search Console(以前のウェブマスターツールで個人的には断然こちらの呼び方がしっくりきます)の方が本格的に出来るようになってきましたが検索ワードの調査なんかを確認しています。

スポンサーリンク

そのためアナリティクスをきっちり使いこなせているわけではないのですが、今回はアナリティクスでの時間帯別のアクセス数を確認する方法について書いていきます。
どちらかというと自分自身への備忘録に近い内容となります。

アナリティクスで時間帯別のアクセス数を確認する方法

実は2パターン方法があるのですが、片方は1日単位なら良いのですが、1ヶ月の集計を見たい場合などはあまり使えないようです。

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる

1つ目というかもうこれだけで事足りる話なんですが、グーグルアナリティクスが提供しているカスタムレポート機能を利用する方法。

カスタム レポートは、独自に作成するレポートです。ディメンション(都市、ブラウザなど)と指標(セッション数、ページビュー数、直帰率など)を組み合わせて、表示するデータを絞り込みます。(カスタムレポートについて)
https://support.google.com/analytics/answer/1033013?hl=ja

一旦設定が終われば、次からはクリックだけの操作になるので、面倒なのは最初だけです。

スポンサーリンク

設定方法

まずアナリティクスの設定画面に入ります。
その後ページ上部タブにあるカスタムをクリックします。

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる1:カスタムをクリック

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる1:カスタムをクリック

新しいカスタムレポートをクリックして作成していきます。

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる2:新しいカスタムレポートをクリックする

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる2:新しいカスタムレポートをクリックする

カスタムレポートを設定する。

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる3:必要事項を設定して行く

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる3:必要事項を設定して行く

UUとPVだけを知りたい場合上記4項目を指定すれば問題ありません。

タイトル、名前は初期名でも問題ありませんが、分かりやすい名称の方が後から管理しやすくなります。
ページビュー数がPV、ユーザーがUUです。
ディメンションの詳細にはを設定しておきます。

指定が終われば、下部にある保存をクリックします。

レポートを確認する。

 カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる4:レポートを確認する

カスタムレポートを使って日別アクセス数を調べる4:レポートを確認する

アナリティクスの数字をそのまま載せるとアドセンス規約に引っかかってしまうため実際のアクセス部分はモザイク処理しています。
実際に確認してみればぱっと見でどの箇所が何なのかは大体分かると思います。

ちなみに一旦設定してしまえば、次からはカスタムレポートをクリックすればレフトナビに追加したカスタムレポートが表示されます。

次からはカスタムレポートをクリックするだけで確認できる

次からはカスタムレポートをクリックするだけで確認できる

ユーザーサマリーページの時間別をクリックして表示させる

ログインした画面で左メニューがユーザー→サマリーの状態で、右上の「時間別」をクリックするだけです。

時間別をクリックする

時間別をクリックする

この方法は1日ごとであればそれ程不自由しないのですが、1ヶ月単位のように期間を延ばすとグラフがひどい事になります。

1ヶ月など期間が延びるとグラフが見にくくなる

1ヶ月など期間が延びるとグラフが見にくくなる

初期設定が必要ないという意味ではメリットも感じられるのですが、カスタムレポートの初期設定が難しい、手間がかかるかと言われれば微妙で一度設定してしまえば、変わらない手間で確認して行くことが出来ます。

そのため個人的にこの方法はあまりメリットを感じません。

まとめ

以上アナリティクスで時間帯別のアクセスを確認する方法についてでした。
予想通り午後が多い結果となり、0時を除けば全て午後の時間帯です。
0時も午前と言うよりは深夜ですよね。

ブログであればそれ程時間帯別のアクセスは気にしなくても良いのですが、実はネットショップだと結構重要なんですよね。
何か企画を行う場合は当然アクセスが多い時間帯に開催した方が効率的ですし。
楽天などは専用ツールが用意されていますが、自社サイトの場合はアナリティクスを導入する必要がある場合も多々あるので、この方法で確認しておくのも良いかと思います。
まぁ多くの人がよくネットをする時間帯って決まっていますので、ある意味調べるまでも…な部分はあったりします。

今回僕はちょっと特殊な理由から調べたいと思ったわけで、その話はまた機会があったら書いてみようかなと思います。

以上何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク