予想を超えた参戦作品群と携帯機ならではのクロスオーバーが人気!【スーパーロボット大戦UX】

予想を超えた参戦作品群と携帯機ならではのクロスオーバーが人気!【スーパーロボット大戦UX】

予想を超えた参戦作品群と携帯機ならではのクロスオーバーが人気!【スーパーロボット大戦UX】

予想を超えた参戦作品群と携帯機ならではのクロスオーバーが人気!【スーパーロボット大戦UX】

スーパーロボット大戦UX

新規が多く珍しいラインナップの参戦作品

スーパーロボット大戦UXは3DSで初めて発売されたスパロボシリーズであり、完全新作として2013年の発売されました。
収録ラインアップとしては、蒼穹のファフナー、機神咆吼デモンベイン、鉄のラインバレル(原作漫画版)、リーンの翼、忍者戦士飛影、『電脳戦機バーチャロン』シリーズ フェイ・イェンHD、聖戦士ダンバイン、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-、SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors、マジンカイザーSKL、HEROMAN、劇場版マクロスF、獣装機攻 ダンクーガ ノヴァとかなり新規で珍しい作品が取り上げられているといった印象です。

スポンサーリンク

タイトルの名に恥じないクロスオーバー

作品名のUXはアルティメットクロスということで、これらの斬新な作品がクロスオーバーを繰り広げるという点でシナリオがとても評価が高いというのが特徴でしょう。
基本的なロボット作品はもちろんなのですが、人間サイズの小型ユニットとしては三国伝やHEROMANなどが珍しかったり、あるいは元々はパソコンゲームからアニメ化された機神咆吼デモンベイン、そしてネット上では有名となっている歌姫の初音ミクをモチーフとしたフェイ・イェンHDなどは、まさにスパロボファンをして事前に予想できなかった、想像力が足りなかったとまで言わしめた作品ラインナップです。

スパロボUX:これは予想できなかった

スパロボUX:これは予想できなかった

作品内でのクロスオーバーもしっかりとしており、主人公のアーニーは好青年として印象が良いキャラとなっています。

システム的には二つのユニットをペアで組ませるタイプであり、3DSということで快適はUIもありプレイしやすいものとなっています。

特筆すべきはそのスパロボマジックと言われるif展開であり、原作中で亡くなってしまったキャラや敵キャラが条件次第では味方になるという展開がとにかく熱くて、個人的にはシリアスな展開で有名なファフナーのユニットが多く使えるのが良かったと思いました。

強ユニットに関しては、そのキャラのインパクトもあるのですが自称「俺たちが地獄だ!」と叫んでくれるマジンカイザーSKLがおすすめですかね。
でも今回もスパロボらしくて好きなユニットで無双出来る感じは当然残っているのでおすすめです。

戦闘シーンサンプル画像


ニンテンドーDSでのソフトとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク