「スーパーロボット大戦EX」は難易度が選べて初心者にもお勧め。

「スーパーロボット大戦EX」は難易度が選べて初心者にもお勧め。

「スーパーロボット大戦EX」は難易度が選べて初心者にもお勧め?

「スーパーロボット大戦EX」は難易度が選べて初心者にもお勧め

スーパーロボット大戦EX

スーパーロボット大戦というと、昔ながらのアニメキャラ、スーパーロボットが大活躍するゲームなんですが何気に難易度が高いんですよね。
キャラクターものだと思って適当にプレイすると敵の増援部隊が出て袋叩きにあって壊滅なんてこともよくあり、なにげに初心者泣かせです。
特に昔のシリーズだとそれが顕著です。
どのシリーズもボリュームがあり、お気に入りのスーパーロボットが登場するまでかなりプレイしなくてはならないってこともよくある話です。

スポンサーリンク

古いタイトルの中では破格の低難易度

当時のこういった不満を解消した作品がスーパーロボット大戦EXです。
このシリーズには珍しくシナリオが三つの章に分かれています。

マサキの章(初心者向け)、リューネの章(中級者向け)、シュウの章(上級者向け)。
もちろん各章はまったく別のシナリオですし、三つにシナリオを分けることによって面数を少なくしてあるので他のシリーズだと最後までプレイできなかった、根気が続かなかったって方でもクリアまで行けます。

もちろん各シナリオのボリュームが減ったといっても三つ合わせれば十分満足出来ます。
主人公は各章のタイトルが物語ってるように、スーパーロボット大戦オリジナルキャラクターが主人公です。
この主人公を中心にガンダムのアムロレイやスーパーロボットの定番マジンガーZやゲッターロボが大活躍します。

この作品のお勧めポイントはシュウの章です。
マサキ・リューネの章のストーリーってどちらかというと正統派なんです。
どちらも主人公側の正義キャラって感じなので、違和感はありません。

しかしシュウはズバリ悪役サイドなんです。
部下に加わるのも敵役です。
Zガンダムのクワトロバジーナ(赤い彗星のシャア)やジェリドメサといったメンツが部下になります。
ストーリーも人類の平和のためとかではなく、邪神復活も目論むといった感じでダークサイドなストーリー展開もなかなか味があります。

味方が少なく、母艦が存在しないので戦闘中の補給もままならないといったことが難易度を上げていますし、難しい面ではパズルゲームかってぐらいです。
そんなに難しいなら大変って感じそうですが、シュウの章は15話しかないので少し頑張ればクリア出来てしまうっていうの良い点です。

スポンサーリンク

巷で簡単と評判のタイトル、例えばスーパーロボット大戦MX、スーパーロボット大戦Rあたりと比べると十分難しいレベルではあるのですが、それでも当時のラインナップの中ではピカ1で簡単なタイトルといえるでしょう(SFCシリーズは正直他が難しすぎる)。
シナリオを三つに分けることで幅広いプレイヤーから楽しんでもらえるスーパーロボット大戦EX、まだ未プレイの方には是非お勧めの作品です。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク