【初心者向け】ヒット確認のコツと練習方法【格ゲー】

【初心者向け】ヒット確認のコツと練習方法【格ゲー】

【初心者向け】ヒット確認のコツと練習方法【格ゲー】

【初心者向け】ヒット確認のコツと練習方法【格ゲー】

【初心者向け】ヒット確認のコツと練習方法【格ゲー】

ヒット確認とは?

格闘ゲームで必須とも言える技術「ヒット確認」。

スポンサーリンク

自分の体力ゲージが無くなる前に相手の体力ゲージを0にする事で勝利となる格闘ゲーム。
という事は出来るだけダメージの大きな連続技(コンボ)を使っていきたいわけなのですが、ダメージ効率の良い連続技は最後が必殺技以上となる事がほとんどで基本的にはガードされたら手痛い反撃を受けてしまいます。

そこで、攻撃が「相手に当たっていたらダメージの取れるコンボ」、「相手に当たっていなかったら隙の大きなコンボを出さない(隙が小さい通常技の部分で止める)」と切り分けが出来たら自分の体力ゲージは減りにくく、効率よく相手に大きなダメージを与える事が出来るようになります。
これが「ヒット確認」です。

使えるようになると非常に有用な技術なのですが、どうしても短いタイミングで行動を変える必要があるので個人の反応速度の影響も大きく、難易度は高めと言えるでしょう。
特に牽制技をおいて、ヒットしていたら必殺技、ヒットしていなかったら出さないといういわゆる単発確認ともなると相当難しいです。
上級者になるとモーションの短い弱攻撃でそれを行っていたりしますが、あんなのはもはや練習でどうこうなるような問題ではないです(笑)

ただじゃあ我々一般人に出来ないのか?と言われればそうではなく、小攻撃なら2発刻んで確認を行うなど余裕を持ってヒット確認が出来るコンボを選択すれば良いんですね。

ヒット確認のコツ

ヒットの有無で攻撃を出さない意識

あくまで僕の感覚ですが、ヒット確認と聞くと「ヒットしているのを確認できたら連続技を出す」とヒット確認後に追加で攻撃を行うと思われがちです。
が、この意識で行うよりも「ヒットしていなかったら攻撃を止める」の方が成功しやすいです。
ヒットの有無の確認後にレバー操作、ボタンを押すと反応が遅れる可能性があり、ヒット確認は出来ているのに後のコンボが繋がらなかった…って状況が生まれやすいんですよね。
逆に連続技を最後まで出すつもりで攻撃を行いガードされた時は何もしない、という意識で行えば反応が遅れたとしても問題ありません、どっちにしろ技を出さないんですから。
もちろんこの方法だとうっかりコンボを最後まで入力してしまって膨大な隙を晒す…事も起こりえるのですが、後述する理由からも猶予はこちらの方があるはずです。

レバーまで入れてボタンは押さない

基本的に連続技の占めは必殺技、つまりレバー操作が必要な攻撃になる事がほとんどです。
ヒット確認の代表的な「コアコパ昇龍」なんか最たる例ですよね。
実は必殺技はコマンドの最後とボタンはちょっとズレても問題なく発生します。
試してみると分かりますが、これが意外と結構猶予があるんです。
ですので、ヒット確認の際はレバー入力だけ先に入れておいて、ヒットしているかで「ボタンを押すか押さない」を変えるようにすると判断により集中できるようになります。

スポンサーリンク

ヒット確認は最初の1発目で判断する

再度「コアコパ昇龍」で説明しますが、これはしゃがみ小キック→しゃがみ小パンチ→昇龍拳とつなぎます。
先ほど単発は上級者じゃないと相当難しいと書いたので矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、これのヒット確認は最初のしゃがみ小キックで行います。
しゃがみ小キックがヒットしていると思ったらしゃがみ小パンチ→昇龍は最後まで入れ込みです。
なぜかというとしゃがみ小キックが当たっている=入力ミス、間合いに間違いが無ければ最後まで間違いなくヒットするからですね。
なので2発目のしゃがみ小パンチはヒットの有無は見る必要が無いですし、逆にここで確認していたらミスの元に繋がります。

またガードされた場合小パンチまで出しても昇龍拳さえ出さなければ問題ありません。
この部分が単発よりもやりやすい大きな理由なんです。

連続技は確実に出せるように

大前提のような話ですが、ヒット確認はしっかり出来ていても後のコンボに入力ミスがあれば意味がありません。
しかし他の事を考えながら(ヒットの有無)コンボ入力を行うと、基本コンボのようなトレーニングなら100%出せるようなコンボでも意外とミスったりします。
ですので、コンボはしっかりと出せるようになっておきたいですね。

ヒット確認の練習法

何はともあれまずはトレーニングモードからですね。
ガードをランダムにして練習するのがいいです。
これでほぼ確実に判断できるようになるまで練習します。
その後は実践を重ねるしかありません。
トレモと違い対戦は相手も動くのでまた難易度が上がります。
何度もチャレンジしながら練習していけば少なくともトレモで確実に出せるヒット確認であればなれて来れば出来るようになっていくでしょう。

まとめ

正確なヒット確認を行い、チャンスに大きなダメージを取れるようになってくると対戦の勝率に直結していきます。
そこそこ慣れている人は少なくとも多段確認は間違いなく行っているのでこれだけで中級者になれるとかはありませんが、逆に出来ない場合は負け続ける可能性が非常に高くなってしまうので、少しずつ練習してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク