【格ゲ】初心者帯でよくみる「ぶっぱ」への対策

【格ゲ】初心者帯でよくみる「ぶっぱ」への対策

【格ゲ】初心者帯でよくみる「ぶっぱ」への対策

【格ゲ】初心者帯でよくみる「ぶっぱ」への対策

以前格闘ゲームの「ぶっぱ」についての記事を書いた事がありますが、僕自身はぶっぱは割と肯定的です。

スポンサーリンク

格ゲーで重要ないわゆるリスクリターンの考え方からは言ってみれば最悪に近い行動で、上に行けば行くほど通用しなくなってくる戦術なのは間違いないんですが、それでも当たればリターンは大きいですからね。
また良くない行動とされているからこそ対戦相手の想定していない事もあったりして、意外と当たるんですよね。
その辺もぶっぱ戦術が減らない理由だと思います。

そんなわけで僕は割とぶっぱを使っているプレイヤーなんですが、今回は逆にぶっぱプレイヤーへの対策について書いていこうと思います。
最近は主にスト5をプレイしていますので、基本スト5での話となります。
また例によって僕は上級プレイヤーではないのであくまで初心者帯の話となります。

【格ゲ】初心者帯でよくみる「ぶっぱ」への対策

ぶっぱを出したくなる心理

特に初心者帯の方に多い動きになりますが、とにかく隙があったらぶっぱ!という人を結構見かけます。
起き上がりに無敵技飛び攻撃をガードしたらすぐに無敵技ゲージが溜まったら超必殺技(スト5はクリティカルアーツですね)…。
とにかく当たるチャンスがあれば常にぶっぱ攻撃をしかける人ですね。

こういった人たちとじっくり話す機会があったわけでもないので結局は僕の想像ではあるんですが、自分のガードスキルに自信が無い、のかなと思っています。
防御しているターンなのが耐えられない…という攻めだけしたいって人もいるかもしれませんが、そういった方でガードが得意ですって人はいないはずです。

ガード時は当然相手にダメージを与えられないタイミングで、しかも表裏のめくり、下段中段の打撃、投げ(コマンド投げ)など様々な攻撃を受けきらないといけません。
読みも含めてこのような攻撃を受けきる自信が無い人がぶっぱを多様する傾向が強くなる、と個人的には思っています。
逆にぶっぱは相手の攻撃のほぼ全てに勝てますからね。

ぶっぱは様子見に非常に弱い

前回の記事でも触れましたが、ぶっぱは相手の攻撃のほとんどを潰せる代わりに様子見に非常に弱いです
無敵技のほとんどがガードされた後の硬直が膨大で大ダメージコンボが入りますからね。

スポンサーリンク

仮に3回位無敵技を入れても、一度様子見からコンボを食らったら取り返される位ひどい目にあいます。
クリティカルアーツにしても入れば大ダメージを取れますが、ガードされればゲージ0+大ダメージコンボと状況的にも精神的にも苦しい状況になってしまいます。

これがリスクリターンが全く釣り合っていないと言われる所以なわけです。
そんなわけでぶっぱの対策には様子見がとても有効です。

ぶっぱを積極的に出させる様子見

簡単に様子見と言ってもただ様子を見ているだけだと相手が攻撃してきます。
特にぶっぱが多い人は攻めターン時はノリノリで突っ込んで来る事も多いので、ただ何もせずにぼ~っとしていてもなかなかぶっぱはしてきません。
という事で相手がぶっぱを出させたくなる状況をこちらで作ってやりましょう。
前述したようにガードをする事を避けてぶっぱを入れ込んでくるので、そういった状況をこちらで作って様子見すれば良いんです。
テキストで書くと分かりにくいかもですが、要するに相手に触れば良いんです。

僕もぶっぱが多めな人と対戦時にはよく使う行動ですが、例えば飛び攻撃をガードさせた後にガードしておくと、よく無敵技で空に飛び上がっていきます(笑)
本来であれば、打撃で固めたり、投げを入れたり、下段なんかで崩したい所ですが、1度でもぶっぱしてくれるとダメージソースでかなり有利になります。

こんな感じで通常技をぽこっとガードさせて様子を見る回数を増やすと、崩す必要も無く相手が勝手に崩れていくイメージですね。
逆に有利フレームから通常技を再度重ねたり、ダッシュやジャンプで動く事は控えた方が良いですね。
少しでも隙間があったらぶっぱを食らいますので。

まとめ

以上格闘ゲームにおけるぶっぱへの対策でした。
ぶっぱだけじゃないですが、対戦ゲームは相手の想定外を考えて行動する事も重要です。
要はこの人よくこれやってるよなぁ…とバレちゃったら負けなんです。
そう思わせて裏を取る事が出来れば立派ですけどね。
という事で逆にぶっぱを使う場合は、相手の裏を取れるようなタイミングを考えてみると良いかと思います。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク