対空をきっちりだせるようにジャンプ攻撃を常に意識しておく【初心者向け】

対空をきっちりだせるようにジャンプ攻撃を常に意識しておく【初心者向け】

対空をきっちりだせるようにジャンプ攻撃を常に意識しておく【初心者向け】

対空をきっちりだせるようにジャンプ攻撃を常に意識しておく【初心者向け】

対空は格闘ゲームでとても重要な技術の一つ。
対空をきっちり出せるかどうかで勝率はかなり変わってきます。
今回は格闘ゲームにおける対空について。

スポンサーリンク

対空とは

格闘ゲームの対空と言えば、相手の空からの攻撃を必殺技もしくは通常技で落とす事
代表的な対空技はやっぱり昇竜拳ですよね。

対空が何故格闘ゲームで重要視されるのかと言えば、対空が出来た時と出来なかった時の差が大きいから。

単純な話、きっちり対空が出来た場合は、対空技分のダメージを相手に与える事が出来ますよね。
また多くの必殺技はダウンを奪えるため、攻守のターンを切り替える事が出来ます。
ダウンを奪えない通常技対空でもほとんどの場合仕切りなおしになるパターンが多いです。

しかし対空に失敗した場合は仮にガード出来たとしても、打撃技で固められたり、下段攻撃や当て投げで崩されたり攻めのターンは相手に握られたままです。
さらに攻撃を食らった場合はもっとひどく、基本的にコンボで大ダメージを奪われてしまいます。

1回でもかなりの差が出てしまうのに、2度3度と続くと勝敗にもモロに影響が出ることになります。
対空が重要視されるのはこういった理由です。

対空技を出すために

とりあえず一番最初に把握すべき事は自分で使っているキャラのどの技が対空に適しているのかを把握する事。
最近はwiki情報なども充実しているため、ネットで調べるのが手っ取り早いですね。

スポンサーリンク

必殺技対空の場合はそれを100%出せるようにしておく

前述した昇竜拳のような必殺技はコマンド入力して出しますが、100%出せる位の意識で練習しましょう。
実際人間が操作するわけなので、100%確実にする事は不可能なのですが、その位の意識で確実性が必要って意味です。

なぜなら先ほども書きましたが、対空失敗で一番ひどいパターンがジャンプ攻撃をそのまま(地上)食らってしまう事ですが、コマンド入力をミスって妙な通常技が出てしまうと、ガードも出来ないため相手がミスをしない限りコンボで大ダメージを取られてしまいます。

食らう位ならガードした方が遥かにマシです。
でもガードだけしていても、相手はジャンプ攻撃し放題のため、ダメージソースでなかなか勝てなくなります。

対空を意識する

格闘ゲームは展開が速いゲームのため、反射神経が優れている人ほど勝てると思われがちですが、意外とそうでもありません。
上級者であっても反応速度が常人と同じ、もしくは遅いなんて事はざらにあります。

じゃあ何が違うのかと言えば、よく言われますが意識です。
何度も対戦していけば体感でも分かってくると思いますが、思いがけないタイミングでジャンプされた時とジャンプ攻撃が来るかも?と身構えている時って反応に差が出ますよね。

上手い人は常に対空に気を配っていますし、相手が飛びたくなる間合いやタイミングも長い対戦経験で分かっているわけです。
飛びたくなる瞬間は何度も対戦を積み重ねて身についていくものですが、対空に気を配る事は初心者でも可能です。

まずはジャンプ攻撃が当たる間合い内では、常に上から飛んでくるかも?と思っているだけでも変わってきますよ。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク