W杯でオウンゴールしたサッカー選手を射殺した怖すぎるコロンビア。今回の1発レッド退場が心配。

W杯でオウンゴールしたサッカー選手を射殺した怖すぎるコロンビア。今回の1発レッド退場が心配。

W杯でオウンゴールしたサッカー選手を射殺した怖すぎるコロンビア。今回の1発レッド退場が心配。

W杯でオウンゴールしたサッカー選手を射殺した怖すぎるコロンビア。今回の1発レッド退場が心配。

何が起こるか分からないからスポーツって面白いですよね。
昨日(6/19)サッカーワールドカップで日本代表はコロンビアと対戦しましたが、正直ほぼほぼ負ける、と思っていました。
まあ同じ見解だった方は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

さて、リアルタイムで試合を見ていた方はもちろん、ニュースでも報道されているので、ご存じない方ははあまりいないと思いますが、試合の序盤で大きなターニングポイントがありましたよね。

コロンビアの選手が一発レッドで退場→日本がPK獲得→日本先制点

でした。

試合時間のほとんどを1人多いいわゆる数的優位な状況で戦えた事はこの試合の勝因の大きな要因となりました。
しかし途中で同点に追いつかれたりひやっとする場面も多く、決定的な場面ではぽこぽこシュートを外し、数的有利な状況にも関わらず辛勝だったため、勝った!という喜びよりもなんとなく次戦以降が心配になった方も多いようですね。
ただ3戦総当りのリーグ戦で初戦を勝てたのは凄く大きい事だと思います。

ところで僕は今回勝って嬉しかったねー!と言いたくてこの記事は書いていません

もちろん日本が勝った事は嬉しいんですが、それ以上に今回退場になった「カルロス・サンチェス・モレノ(C・サンチェス)」がちょっと心配になっているんですね。
ネット上でも既に心配の声は出ているようですが…。

W杯でオウンゴールしたサッカー選手を射殺した怖すぎるコロンビア。今回の1発レッド退場が心配。

W杯史上最悪の事件と呼ばれる「エスコバルの悲劇」

件名でも書いたワールドカップでオウンゴールをした選手をした選手が帰国後暴漢に襲われて射殺されるという悲惨な事件が1994年に起きています。
この事件が起こったのがコロンビアなんですよね。

スポンサーリンク

元々南米の各国は過激なサポーターが多いですから、スタジアムで暴動が起きるなどの事件も度々起こっています。
そしてそういう事件はどの国でも起こりえる(日本でもありますよね)事なんですが、コロンビアはその矛先が監督、選手、チーム関係者になる事が非常に多いそうです。
これはサッカー賭博に手を染めているサポーターが多いからとも言われていますね。

ちなみにこの事件は射殺された選手が「アンドレス・エスコバル」という選手のため、エスコバルの悲劇として語り継がれています。

そして怒りを買ったオウンゴールの様子がこちら。

そして今回のレッドシーンがこちら。

※1分30秒あたり

どちらも不可抗力ですよね。

それでも↑の動画のプレーが原因でこの選手は殺されてしまったわけです。
今回の試合は日本だけでなく、コロンビアサポーターたちも「コロンビアが勝つ」と予想していたはずです。
エスコバルの悲劇も当時コロンビア代表は優勝候補に数えられていた事からの落胆もあったはずなので、そう思うと今回も非常に心配になります。

僕もスポーツを見ていて「何やってんだ!!」って選手に文句言いたくなる事はたくさんあるし、そういった愚痴を言いながら見るのもスポーツの楽しさだと思っているので頭にくる気持ちは分かるんですけどね。
でも試合場で選手に向かって野次を飛ばすのはもちろん、個人を攻撃するのは絶対ダメですよね。
殺人なんてもってのほかです。

コロンビアのサポーターって美人さん多いんです

これだけで終わると知らない方が見るとコロンビアって恐ろしい国なんだな…って印象しかないと思うのでコロンビアの良さをちょっとご紹介します。

コロンビアサポーターって美人さんがめちゃくちゃ多いんですよ。

ほんとに綺麗な人が多い…。
ちなみに南米らしくスタイルも抜群の方が多いそうです(写真見れば分かりますねw)

それでは本日はこの辺で。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク