人間関係に悩む人は見るべし!人間関係マトリックスとは?

人間関係に悩む人は見るべし!人間関係マトリックスとは?

フォルソクです。

スポンサーリンク

社会に出ると人間関係って凄く重要になってきますよね。
学生時代なら嫌いな人は最悪付き合わなければ良かった。
クラスメートであり、チームメートであり、それぞれ自由にグループを作っていたはずです。

でも社会に出たらどうでしょうか。
職場の同僚や取引先の人と馬が合わないからと付き合わないなんて口が裂けても言ってはいけませんよね。
だから人間関係に悩んでいる社会人は凄く多いと思います。
むしろ悩んでない人がいれば教えて欲しい位(笑)

私フォルソクも人間関係には悩まされ続けてきました。
実はその時に参考になった話が、マトリックス理論だったのです。
それによるとなんと人間関係はたった4つのタイプに分類されるそうなんです!

まずは下の図をご覧下さい。

matorix_type

人間関係において、人のタイプとはこの4つに必ず分類されるんです。
それでは個別に改めて説明します。

たった4つに分類される人間タイプ

ポジティブ自立

ポジティブ依存

ポジティブ依存はいわゆる癒し系に多いタイプです。
集団において場の空気を和らげる事が出来ます。
ただし、タイプ的にミスが目立ちがちで、周りから能力を判断されにくい部分があります。

ネガティブ自立

ネガティブ自立はグループリーダーに多いタイプといえます。
自分にも他人にも非常に厳しく、
小さな事をネガティブに考えがちで、基本的に常にイライラしているように見えてしまいます。

スポンサーリンク

ネガティブ依存

ネガティブ依存は、あぁ俺って奴は…なんて常に自分に悲観してます。
ただしこういった人は往々にして芸術的な感性を発揮します。

相手のタイプを図る事でコミュニケーションを円滑にする

相手がどのようなタイプなのかをまず判断し、コミュニケーションの取り方を変えて行くことで円滑にする事ができるようになります。
例えば以前悩んでいた時の相手のタイプは典型的なネガティブ依存でした。
こんな事でこの会社は大丈夫なのか?
といつもイライラしているように見えていました。
本音の部分は知りませんが、矛先が私ではないかと不安になる時もありました。
そういう態度が気になって仕方がなかったんです。

でも思ったんです。
私はどちらかというとみんなで和気藹々とが好きなタイプ、恐らくポジティブ依存だったと思います。
だからもしかしたらへらへらして真面目に仕事をやっていない、と思われていたのではないかと。
そういう部分がもしかしたらよく思われなかった理由なんじゃないかと思ったんですね。
そう思って私は自分がポジティブ自立に変わるように努力しました。
楽観的なところはそのままに、積極的にコミュニケーションを取るようにし、
過去のいざこざは出来るだけ振り返らないようにしました。

最終的には仲良くとまではいきませんでしたが(そもそもお互い仲違いという程ではなかったんですが、ウマが合わないとは感じていたはず)
少なくとも仕事上では円滑にコミュニケーションを取れるほどにはなりました。

4つのタイプには優劣はありません。
例えばネガティブ自立の人がいなければ、リスクヘッジなどとても出来ません。
あくまでもコミュニケーションを取る一つの参考に凄く役に立ったので、
人間関係に悩んでいる方は是非一度考察して見てください!

では。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク