もう答えた?2015年は国勢調査の年です!時間がわずらわしい人はネット回答がおすすめ!

もう答えた?2015年は国勢調査の年です!時間がわずらわしい人はネット回答がおすすめ!

d0e85f96eabf79ef31e92551a15955c4

スポンサーリンク

こんばんわ、フォルソクです。
2015年は国勢調査の年ですね。
そろそろハガキが届いた、と言う人も多いのではないでしょうか?
ちなみに僕は、数日前に国勢調査をインターネットで回答しました。
国勢調査と言うと、正直言ってめんどくさいイメージしかないのですが、
このネット回答が思いの外簡単だったのでシェアしたいと思います。

国勢調査は5年に1度の国民の義務

国勢調査は、西暦の末尾が0か5に当たる年に行われます(5年に1度)。
ちなみに、「0」の年の調査は「大規模調査」と呼ばれ、「5」の年の調査は「簡易調査」と呼ばれています。
今年は「簡易調査」の年となります。

ところで国勢調査って無視したらダメ?無視したらどうなるの!?

a0001_016464

国勢調査が近くなると、国勢調査って無視したらダメなの!?みたいな質問をインターネットでちらほら見かけるようになります(笑)
めんどくさい。
個人情報の漏洩が怖い。
そもそも意味あるの?
気持ちは分かります。

ですが、国勢調査は、残念ながら法律でも定められている義務です。

最悪「五十万円以下の罰金」を言い渡される場合もありますので、必ず回答するようにしましょう。
実際罰則を受けた人はいないらしいですけどね、一応。

最近の流れに沿って国勢調査はインターネット回答が出来るようになっている!

a0001_016455

ニュース、ウェブサイトでも言われていますが、実は国勢調査はネット回答が可能になっています。
文字で記入する必要が無い上に、受け渡しの必要性無くなるので、全体的な手間は書類に記入するよりも手間は少なくなっています。
特にこだわりがなければ、国勢調査はインターネット回答をする事を個人的におすすめします。

スポンサーリンク

国勢調査のネット回答の方法

1.調査対象者IDとパスワードを確認する

基本的に郵送されてくるか、調査員の方が渡しに来ます。
既に手元にあると言う方が多いと思いますが、無いようなら問い合わせて送ってもらいましょう。

2.国勢調査の公式サイトに行く

>>国勢調査公式サイト

3.ページの上部に「インターネット回答」のバナーがあるのでクリック

20150914

4.ページ下部の「インターネット回答はこちらから」ボタンをクリックし、さらに「回答する」ボタンをクリック

公式サイトトップページからは、何度もクリックが必要とあまり親切なサイト設計ではありませんね。

ちなみに直接↓をクリックすると回答ページの寸前に飛びます。

>>国勢調査インターネット回答

上のページから「回答する」をクリック。

最後に「インターネット回答をはじめる」をするを選択して下さい。

5.調査対象者IDとパスワードを入力して国勢調査を開始する

20150914-2

6.後は回答をするだけ(所要時間10分ほど)

回答がはじめると手間取る事もなく、答えて次へ、次へだけなので、難しくありません。
最終的には「終了」のボタンが出るので送信して終わらせれば完了です。
大体僕は10分ほどで終わりました。

まとめ

まぁ5年に1度とは言え、正直めんどくさい作業ではありますよね。
意義が分かりにくいですし。。

ちなみにネットで送信するため、漏洩が怖いって人もいると思いますが、
万が一漏れたら大変な事になりますし、対策はきちんと取っているようです。
個人的には、いくら安全と言われても個人情報を書いた書類を見ず知らずの人に手渡しする方が怖いかなと(笑)

結局絶対に答えないといけないわけで、漏洩の危険性はもう言い出したらキリがありません。
どちらがより危険なのかは正直なんとも言えませんが、
少なくとも手間で言えば、ネット回答の方が絶対に楽だと思うので、
よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
フォルソク(管理人)
管理人のフォルソク(@forusoku)です。自分の興味のある分野について記事を書いています。ワードプレス初心者ながら無謀にもマルチサイトに挑戦し、四苦八苦しながらブログを書いてます。ちょっと前にツイッターを登録してみたのですが、実は全然使いこなせていません。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク